長橋桂一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長橋 桂一
ながはし けいいち
生年月日 (1956-02-15) 1956年2月15日(63歳)
出生地 日本の旗 東京都豊島区
出身校 創価大学法学部卒業
前職 公明党職員
所属政党 公明党
親族 長橋孝(父)
公式サイト 東京都議会議員(豊島区) 長橋けい一 ホームページ

在任期間 2017年8月8日 - 現職

選挙区 豊島区選挙区
当選回数 5回
在任期間 2005年7月3日 -
テンプレートを表示

長橋 桂一(ながはし けいいち、1956年昭和31年)10月7日 - )は、日本政治家公明党所属の東京都議会議員(5期)。東京都議会副議長(第41代)。

経歴[編集]

東京都豊島区出身。創価大学法学部卒業。大学を卒業後、建設会社に就職。1978年に退職し、公明党本部の職員となる[1]

2001年東京都議会議員選挙公明党公認で出馬し初当選する。同期当選に臼井孝(元あきる野市長)、河西信美(元都議)、小磯善彦(第40代都議会副議長)、中村明彦(第44代都議会議長)、萩生田光一(元内閣官房副長官)、初鹿明博(民進党代議士)、山加朱美(元都議)。都議会では総務委員会理事・都市整備委員会副委員長・厚生委員会理事・オリンピック・パラリンピック招致特別委員・東京都中央卸売市場築地市場の移転・再整備に関する特別委員会副委員長・東京都都市計画審議会委員などを歴任。

2013年、都議会公明党の政務調査会長に就任。2015年、都議会公明党の幹事長に就任。2016年、都議会公明党の副団長に就任[2]2017年7月2日東京都議会議員選挙で5選を果たす。同年8月8日、東京都議会副議長に就任[3]

親族[編集]

  • 父:長橋 孝(ながはし たかし)
公明党公認の東京都議会議員として1973年より4期務める。2015年12月4日、死去。享年87歳[4]

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール”. 東京都議会議員(豊島区) 長橋けい一 ホームページ. 2017年8月16日閲覧。
  2. ^ 都議会公明党、幹事長に東村氏”. 産経ニュース (2016年9月21日). 2017年8月16日閲覧。
  3. ^ 「小池与党」過半数に 新都議会がスタート”. 日本経済新聞 (2017年8月9日). 2017年8月16日閲覧。
  4. ^ 訃報 長橋孝さん 87歳=元公明党都議、長橋桂一都議会公明党幹事長の父 /東京”. 日本経済新聞 (2015年12月8日). 2017年8月16日閲覧。
議会
先代:
小磯善彦
東京都の旗 東京都議会副議長
第41代:2017年 -
次代:
(現職)