長沙音楽庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長沙音楽庁。

長沙音楽庁(ちょうさおんがくちょう、簡体字: 长沙音乐厅英語: Changsha Concert Hall)は、中華人民共和国湖南省長沙市にある音楽庁。[1][2]

沿革[編集]

2006年8月21日、長沙音楽庁が定礎され、2007年12月に正式に建設が開始され、2015年12月28日、長沙音楽庁で初公演が行われた。

建築[編集]

長沙音楽庁は全部で四階です。第一階(38メートルの高さ)は俳優、後方勤務、VIPなどの機能室です。二階はレジャー、展示スペースで、観覧者に提供します。階は観客の入り口で、入り口はホールの内部を見下ろすことができます。長沙音楽庁の外壁の図の紋様は南宋古琴の演奏家、作曲家、教育家の郭沔落衡陽の時に創作した1首の名曲『瀟湘水雲』を取材します。長沙音楽庁は4本のオーケストラを編成する1446席のシンフォニーホール、490席の多機能音楽ホール、298席の室内音楽ホール、リハホールの2つです。

周辺の主な施設・店舗[編集]

交通手段[編集]

出典[編集]

  1. ^ “长沙音乐厅将举行11场公益演出” (中国語). 鳳凰網. (2019年4月26日). http://hunan.ifeng.com/a/20190426/7410023_0.shtml 
  2. ^ “长沙音乐厅联合中外音乐家 打造三月音乐盛宴” (中国語). 騰訊網. (2019年2月15日). https://hn.qq.com/a/20190215/005898.htm