長沼洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 長沼洋 八段
名前 長沼洋
生年月日 (1965-02-08) 1965年2月8日(55歳)
プロ入り年月日 1986年7月21日(21歳)
棋士番号 178
出身地 岐阜県
師匠 田中魁秀
段位 八段
戦績
2020年9月1日現在
テンプレートを表示

長沼 洋(ながぬま ひろし、1965年2月8日 - )は、将棋棋士棋士番号は178。岐阜県出身。田中魁秀九段門下。

棋歴[編集]

奨励会二段のとき、第7回若駒戦で優勝(1985年2月2日)。それから約1年半後の1986年7月にプロ入り。

プロ入り当初は好不調の波が著しく、初参加から2年目となる第47期(1988年度)順位戦ではC級2組において降級点を喫するも、15年目の第60期(2001年度)で8勝2敗・42人中3位の成績を修め、C級1組へ昇級。

第42期(2001年度)王位戦でリーグ入り。残留には至らなかったものの、谷川浩司山崎隆之に勝利するなど健闘した。

2007年以降、早指し棋戦での活躍が顕著になる。

第57回(2007年度)NHK杯戦は、予選で杉本昌隆小林健二らを破り、プロ入り21年目にして本戦初出場。本戦でも井上慶太松尾歩らを破って勝ち進み、さらには、準々決勝で羽生善治の無理攻めを受け止めて勝利し、ベスト4に進出。準決勝で前回優勝者であり同門の弟弟子でもある佐藤康光(この期も優勝する)に敗れたものの、次期シード権を獲得した。

第18期(2009年度 - 2010年度)銀河戦では、決勝トーナメント出場者を決めるブロック戦で勝又清和(7回戦)・神谷広志(8回戦)・屋敷伸之(9回戦)・高橋道雄(10回戦)・久保利明(11回戦)らを破り、決勝トーナメントに進出(1回戦で行方尚史に敗れる)。翌第19期でも、高崎一生橋本崇載らを破り、2年連続で決勝トーナメントに進出。更に決勝トーナメントの1回戦でも木村一基を破りベスト8となった(準々決勝で糸谷哲郎に敗れる)。

第27期(2018年度 - 2019年度)銀河線本戦Gブロック4回戦で、1回戦から勝ち上がってきた立命館大学1年生の木村孝太郎アマと対戦し、118手目に二歩を打って反則負けとなった。二歩による反則負けは、第22期(2013年度 - 2014年度)銀河戦本戦Bブロックの沖幹夫アマ対伊藤博文戦以来5年ぶりで、銀河戦史上3度目となった。

棋風[編集]

駒取り坊主」と呼ばれるなど、駒得(こまどく)を目指す、実利を重視した受けの棋風である。

かつては矢倉を多く指す居飛車党であったが、その後、中飛車なども指すオールラウンダーとなっている。

NHK杯戦で羽生に勝ったときはゴキゲン中飛車で戦い、終盤でも駒取りに励んで羽生の攻めを切らすことに成功した。

人物[編集]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照(ただし、四段昇段は旧規定)。

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 長沼洋七段の成績記録の修正について|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2020年8月18日). 2020年9月18日閲覧。
  2. ^ 長沼洋七段が八段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2020年9月1日). 2020年9月18日閲覧。

関連項目[編集]