長浜赤十字病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 長浜赤十字病院
Nagahama Red Cross Hospital 20091009.jpg
情報
英語名称 Nagahama Red Cross Hospital
前身 滋賀支部病院長浜診療所
滋賀支部長浜療院
標榜診療科 内科、消化器内科、循環器内科、血液内科、小児科、精神科、神経科、神経内科、外科、小児外科、呼吸器外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、産科、婦人科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、救急科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、矯正歯科、歯科口腔外科、集中治療科
許可病床数

504床
一般病床:430床
精神病床:70床


感染症病床:4床
機能評価 一般・精神500床以上:Ver6.0
開設者 日本赤十字社 滋賀県支部(滋賀県知事
管理者 楠井隆(院長)
所在地
526-8585
滋賀県長浜市宮前町14-7
位置 北緯35度23分0秒 東経136度16分24秒 / 北緯35.38333度 東経136.27333度 / 35.38333; 136.27333
二次医療圏 湖北
PJ 医療機関
テンプレートを表示
赤十字の標章

長浜赤十字病院(ながはませきじゅうじびょういん)は、滋賀県長浜市に所在する医療機関である。日本赤十字社滋賀県支部が開設する病院である。滋賀県災害拠点病院地域周産期母子医療センター救命救急センターなどの機能を有する。

2012年9月に精神科病床を15床減床させて70床とし、現在は504床での運営である。

沿革[編集]

  • 1932年昭和7年)4月 日本赤十字社 滋賀支部病院 長浜診療所として創設。
  • 1937年(昭和12年)12月 日本赤十字社 滋賀支部 長浜療院と改称 。
  • 1954年(昭和29年)11月 - 山岡孫吉氏より「山岡記念病舎」(ヤンマー病床)と呼称し、20床増築寄付。
  • 1958年(昭和33年)5月 - 結核病棟(50床)を増築。
  • 1967年(昭和42年)6月 - 精神神経科病棟(150床)を増築。
  • 1969年(昭和44年)7月 - 湖北広域衛生組合立伝染病棟30床を受託。
  • 1999年(平成11年)4月 - 第二種感染症指定医療機関(4床)の指定。
  • 2005年(平成17年)3月 - 地域周産期母子医療センターに指定。
  • 2009年(平成21年)6月 - 地域医療支援病院の承認。
  • 2009年(平成21年)6月 - 滋賀県肝疾患専門医療機関の指定。

診療科[編集]

診療協働部門
  • 看護部
  • 病理部

医療機関の指定等[編集]

交通アクセス[編集]

電車
バス
  • 路線バス『市内循環線』で、バス停「長浜赤十字病院」にて下車。

関連項目[編集]

脚注[編集]