長濱政壽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長濱政壽(ながはま まさとし、1911年1971年)は、日本の行政学者政治学者京都大学名誉教授辻清明 (政治学者)と並ぶ行政学第2世代の一人。新潟県新潟市生まれ。「長浜政寿」とも表記される。

1931年新潟高等学校文科甲類卒業。1934年京都帝国大学法学部政治科卒業。同年、京都帝国大学法学部助手。1936年京都帝国大学法学部専任講師。1938年京都帝国大学法学部助教授に就任。1945年京都帝国大学法学部教授に就任。1956年京都大学評議員。1961年国家公務員採用上級甲乙種試験専門試験委員。1967年京都大学法学部長、1971年京都大学評議員。1971年京都大学在職中に逝去。

著書[編集]

  • 『知事公選の諸問題』(有斐閣、1946年)
  • 『国家機能の分化と集中』(弘文堂、1950年)
  • 『地方自治』(岩波書店、1952年)
  • 『行政学講義案Ⅰ』(有信堂、1957年)

などがある。

関連項目[編集]

  • 田村徳治(長濱に影響を与えた行政学者)
  • 足立忠夫(門下生) – 関西学院大学名誉教授
  • 村松岐夫(門下生)
  • 水口憲人(門下生) – 立命館大学法学部教授