長濱陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
長濱 陸
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年3月19日 -
ジャンル エンターテイメント
登録者数 2120人
総再生回数 534,439 回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年7月21日時点。
テンプレートを表示
長濱 陸(RikuNagahama):OPBF東洋太平洋ウェルター級王者(2020年2月27日獲得)

長濱 陸(ながはま りく、1991年10月7日 - )は、日本の元プロボクサー沖縄県那覇市出身[1]。第41代OPBF東洋太平洋ウェルター級王者。角海老宝石ボクシングジム所属。かつては白井・具志堅スポーツジムに所属していた[2]

来歴[編集]

那覇高校卒業後、沖縄国際大学に入学。

2015年6月30日のプロデビュー戦は引き分け[3]。同年、ミドル級新人王東軍代表として、西軍代表ロックハート・ブランドンシェーンを相手に4回2-0(39-37×2、38-38)判定勝ちで全日本新人王を獲得[4][5]

そして2017年8月10日に後楽園ホールで日本スーパーウェルター級王者井上岳志と日本スーパーウェルター級タイトルマッチを行い、8回1分52秒TKO負けで日本王座獲得に失敗[6]

その後2019年3月23日付で角海老宝石ボクシングジムに移籍[7]。翌2020年2月27日に後楽園ホールでOPBF東洋太平洋ウェルター級2位のクドゥラ金子とOPBF東洋太平洋ウェルター級王座決定戦を行い、12回3-0(117-111×2、118-110)判定勝ちでOPBF王座獲得に成功[8][9]。翌2021年1月16日に後楽園ホールでOPBF東洋太平洋ウェルター級12位の豊嶋亮太とOPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチを行い、12回0-3(112-115、111-116、110-117)判定負けでOPBF王座初防衛に失敗[10]

2021年1月22日、右目の怪我を理由に日本ボクシングコミッションに引退届を提出し、現役を引退した[11]

戦績[編集]

  • プロボクシング - 16戦12勝(4KO)3敗1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2015年6月30日 勝利 4R 判定1-1 大間和友(八王子中屋) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2015年9月25日 勝利 4R 判定3-0 渡邊玲央(横浜光 日本の旗 日本
3 2015年11月3日 勝利 4R 判定2-1 アルティン・ペパ(宇都宮金田) 日本の旗 日本
4 2015年12月20日 勝利 4R 判定2-0 ロック・ハート・ブランドン・シェーン(森岡 日本の旗 日本 2015年度全日本ミドル級新人王決定戦
5 2016年3月5日 勝利 4R 判定2-0 清野航(石橋) 日本の旗 日本
6 2016年7月2日 勝利 1R 1:31 TKO 川端哲也(姫路木下 日本の旗 日本
7 2016年11月5日 勝利 3R 2:48 TKO 加瀬康司 (レイS) 日本の旗 日本
8 2017年3月28日 勝利 3R 0:36 TKO 美柑英男(渥美) 日本の旗 日本
9 2017年8月10日 敗北 8R 1:52 TKO 井上岳志(ワールドS) 日本の旗 日本 日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
10 2017年11月22日 勝利 1R 0:47 TKO カムチャイ・サイトーンジム タイ王国の旗 タイ
11 2018年5月30日 敗北 5R 2:49 TKO 永野祐樹帝拳 日本の旗 日本
12 2019年1月19日 勝利 8R 判定3-0 金本祥平(グリーンツダ 日本の旗 日本
13 2019年7月6日 勝利 8R 判定3-0 玉山将也(帝拳) 日本の旗 日本
14 2019年10月21日 勝利 8R 判定3-0 木村文祐(JM加古川) 日本の旗 日本
15 2020年2月27日 勝利 12R 判定3-0 クドゥラ金子(本多) 日本の旗 日本 OPBF東洋太平洋ウェルター級王座決定戦
16 2021年1月16日 敗北 12R 判定0-3 豊嶋亮太(帝拳) 日本の旗 日本 OPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 8月10日DIAMOND GLOVE Dangan
  2. ^ 長濱陸結果 白井・具志堅スポーツジム
  3. ^ 2015年6月試合結果 日本ボクシングコミッション
  4. ^ 全日本新人王決定戦 東軍が勝ち越し、MVP市村蓮司 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月20日
  5. ^ ボクシング長濱陸が全日本新人王に 仲里周磨はドローで逃す 沖縄タイムスプラス 2015年12月20日
  6. ^ 井上岳志が長濱陸を8回TKO、日本S・ウェルター級V1 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月10日
  7. ^ 白井・具志堅のランカー、長濱陸と山下賢哉が移籍 Boxing News(ボクシングニュース) 2019年3月24日
  8. ^ 長濱陸が判定勝ち OPBFウェルター級王座獲得 無敗の強打者 クドゥラ金子を振り切る Boxing News(ボクシングニュース) 2020年2月27日
  9. ^ 長濱陸が豪腕KO戦士クドゥラに大差の勝利で新王者に、土屋修平復帰戦、はじめの一歩T準決勝 結果 イーファイト 2020年2月28日
  10. ^ 豊嶋亮太がOPBFウェルター級王座獲得 長濱陸からダウン奪って12回判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2021年1月16日
  11. ^ 前OPBF王者の長濱陸が引退 理由は右目のけが Boxing News(ボクシングニュース) 2021年1月24日

関連項目[編集]

空位
前タイトル保持者
ベン・サブバ
第41代OPBF東洋太平洋ウェルター級王者

2020年2月27日 - 2021年1月16日

空位
次タイトル獲得者
豊嶋亮太