長瀬駅 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長瀬駅
ながせ
NAGASE
赤石 (1.5km)
(2.8km) 谷汲
所在地 岐阜県揖斐郡谷汲村長瀬
(現・揖斐川町谷汲長瀬)
北緯35度31分08秒 東経136度38分23秒 / 北緯35.518928度 東経136.639834度 / 35.518928; 136.639834
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 谷汲線
キロ程 8.4km(黒野起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
136人/日
-1992年[1]-
開業年月日 1926年大正15年)4月6日
廃止年月日 2001年平成13年)10月1日
テンプレートを表示

長瀬駅(ながせえき)は、岐阜県揖斐郡谷汲村(現、揖斐川町)にあった名古屋鉄道谷汲線である。

歴史[編集]

谷汲線の前身である谷汲鉄道の駅として1926年に開業した。開業時より交換可能駅であり、谷汲山華厳寺十一面観世音菩薩御開帳に伴う臨時輸送では北野畑駅稲富駅と共に交換駅として機能した[2]。しかし当駅での列車交換は御開帳期間中の臨時ダイヤ以外ではほぼ使われなかったため、以後撤去と再整備を繰り返している[3][4][5]

谷汲線は2001年に全線が廃止され、それとともに廃駅となった。廃止時の谷汲方面の隣駅は終着駅の谷汲駅であったが、かつては同駅との間に長瀬茶所駅結城駅が存在していた。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線のみを持ち、列車交換はできなかった。かつては島式ホームであり、その名残でホームの反対側には線路の用地が残されていた[9]

配線図[編集]

長瀬駅 構内配線略図

谷汲駅
長瀬駅 構内配線略図
黒野方面
凡例
出典:[10]


利用状況[編集]

  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は136人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中329位、 揖斐線・谷汲線(24駅)中16位であった[1]

駅周辺[編集]

駅の東側に人家がある[9]が、長瀬地区の中心部からやや南に離れている。華厳寺での祭礼の際には隣の谷汲駅周辺が車で混雑するために、駅の貨物ヤード跡が無料駐車場として開放されていた[9]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
谷汲線
赤石駅 - 長瀬駅 - 谷汲駅
  • 1990年までは隣の谷汲駅との間に結城駅が存在した。また、1958年まではその結城駅と長瀬駅との間に長瀬茶所駅も存在していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  2. ^ 大島一朗 『谷汲線 その歴史とレール』 岐阜新聞社、2005年、36頁。ISBN 978-4877970963。
  3. ^ a b 大島一朗 『谷汲線 その歴史とレール』 岐阜新聞社、2005年、67頁。ISBN 978-4877970963。
  4. ^ a b 大島一朗 『谷汲線 その歴史とレール』 岐阜新聞社、2005年、70頁。ISBN 978-4877970963。
  5. ^ a b 大島一朗 『谷汲線 その歴史とレール』 岐阜新聞社、2005年、92頁。ISBN 978-4877970963。
  6. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1926年4月13日(国立国会図書館デジタル化資料)
  7. ^ 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、220-230頁。ISBN 4-87670-097-4。
  8. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、882頁。
  9. ^ a b c 川島令三全国鉄道事情大研究』名古屋北部・岐阜篇 1、草思社1997年、146-147頁。ISBN 4-7942-0796-4。
  10. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第473号 1986年12月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、付図「名古屋鉄道路線略図」

関連項目[編集]