長生郡市広域市町村圏組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長生郡市広域市町村圏組合(ちょうせいぐんしこういきしちょうそんけんくみあい)は、千葉県茂原市長生郡一宮町睦沢町長生村白子町長柄町長南町の1市5町1村が設立している一部事務組合

概要[編集]

事務所[編集]

  • 茂原市下永吉2101(事務局総務課、医療民生課、環境衛生課、長生郡市視聴覚教材センター)
  • 茂原市茂原598(消防本部)
  • 長生郡長南町報恩寺579(長南聖苑)
  • 茂原市高師395-2(水道部)
  • 茂原市本納2777(長生病院)

主な事務内容[編集]

  • 関係市町村圏計画の策定及び実施のための連絡調整
  • 一般廃棄物の収集、運搬及び処理
  • 一般廃棄物処理の基本計画及び実施計画の策定
  • 一般廃棄物処理業の許可及びし尿浄化槽清掃業の許可
  • 容器包装廃棄物の分別収集計画の策定、分別収集及び処理
  • 消防事務(消防組合
  • 水道事業
  • 長生郡市夜間急病診療所の設置及び管理
  • 在宅当番医制事業
  • 2次医療機関運営事業
  • 関係市町村の職員の共同研修事務
  • 視聴覚教材センターの設置及び管理
  • 病院事業
  • 火葬場・斎場の設置及び管理(一宮町、睦沢町、長生村及び白子町を除く)(長南聖苑)
  • 霊柩運送事業(一宮町、睦沢町、長生村及び白子町を除く)
  • 長生郡市温水センターの設置及び管理
  • 介護認定審査会の設置及び運営

組織[編集]

  • 管理者:1人(関係市町村長の互選)
  • 副管理者:6人(管理者以外の関係市町村長)

常備消防事務[編集]

長生郡市広域市町村圏組合消防本部

概要[編集]

【主力機械に関する参考文献:平成28年版消防防災年報(千葉県総務部消防地震防災課)】

沿革[編集]

  • 1971年4月1日 茂原市、一宮町、睦沢村(1983年町制施行により睦沢町)、長生村、白子町、長柄町、本納町(1972年茂原市と合併)及び長南町の1市5町2村により長生郡市広域市町村圏組合を設立する。
    • 茂原市消防本部より消防職員41人が移行し、消防車両等が茂原市より贈与され、長生郡市広域市町村圏組合消防本部を開設する。
  • 1971年6月 消防庁舎が完成する。
  • 1972年4月 3分遣所を開設し、1署3分遣所体制となる。
  • 1974年4月 分遣所が分署に昇格し、1署3分署体制となる。
  • 1982年4月 3分署が北消防署南消防署西消防署に昇格する。入山津分遣所を開設し、4署1分遣所体制となる。
  • 1983年4月 味庄分遣所を開設し、4署2分遣所体制となる。
  • 1984年4月 佐貫分遣所を開設し、4署3分遣所体制となる。
  • 1997年2月 初の高規格救急車を配置する。
  • 1997年4月 本納分遣所を開設し、4署4分遣所体制となる。救急救命士による高規格救急車の運用を開始する。
  • 2001年6月 北消防署が茂原市から白子町に新築のうえ移転する。

H21年 1月 組織改革により4分遣所を分署に昇格。 H29年 9月 入山津分署を長生村入山津から長生村宮成に新築移転し、名称を長生 分署に変更し運用開始。

組織[編集]

  • 本部-総務課、予防課、警防課、通信指令課
  • 消防署

消防署[編集]

消防署 住所 分署
中央消防署 茂原市茂原598 本納:茂原市本納2149-1
北消防署 白子町五井2359-1 長生:長生村宮成2579-1
南消防署 一宮町一宮8664 佐貫:睦沢町佐貫1061-6
西消防署 長南町千田495-2 味庄:長柄町味庄21-1

病院事業[編集]