長田暁二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

長田 暁二(おさだ ぎょうじ、1930年3月19日 - )は、日本の音楽文化研究家、音楽プロデューサー。 ポリドール・レコード学芸部長、徳間音楽工業常務取締役、テイチクエンタテインメント顧問を歴任。

来歴・人物[編集]

岡山県生まれ[1]笠岡市の禅寺威徳寺の次男として育つ[2]1953年駒澤大学英米文学科卒業。

大学在学中からコロムビアレコードでアルバイトをし、レコード業界に出入り[3]。卒業後、同年キングレコード入社[1]。童謡担当ディレクターを振り出しに22年間ディレクターを務めた。

1968年芸術祭賞受賞(児童のための音楽入門レコード『チュウちゃんが動物園へいったお話』)に始まり、同奨励賞3回、批評家選賞1回。日本レコード大賞企画賞3回、特別賞4回、童謡賞は「ちいさい秋みつけた」をはじめとして7回。新人賞は「下町の太陽」で倍賞千恵子、作曲賞は「さよならはダンスのあとに」で小川寛興など。1966年度、ADFレコード大賞『イタリア古典歌曲集』、1974年度、フランスのACCディスク大賞(世界で最も権威あるレコード大賞)を「ピアノと鳥とメシアンと」(ピアノ木村かをり・指揮岩城宏之)で受賞。企画制作した担当レコードの受賞多数[4]

1975年ポリドール・レコードに移り[1]、のち学芸部長。その後徳間音工常務取締役、テイチクエンタテインメント顧問を歴任。1982年フリーになり、10月に音楽制作会社「明治音楽企画」を設立し代表取締役に就任[5]。同月に出家して仏門に帰依した[6]

童謡民謡軍歌なつメロ歌謡曲歌曲オペラなど活動範囲は幅広く、特に抒情歌に造詣が深い[7]

著書に「流行歌20世紀」「日本民謡事典」他、著作は約500冊にも上る[8]。他にもCDのライナーノーツ、新聞、雑誌への寄稿、コンサートなどの舞台構成、演出、司会、TV・ラジオの台本、出演、音楽文化講演の講演活動も多い。

2015年6月『戦争が遺した歌 - 歌が明かす戦争の背景』(全音楽譜出版社)を刊行[9]。「歌の視点から戦争と平和を問うた大著」と評される[10]

同年、JASRAC音楽文化賞を受賞[11][12][13]

  • 3歳の時に汽車にひかれ入院。退院して痛みで泣いてばかりいると、父親がポータブル蓄音機を買ってくれた。一人でも聴けるようにと針の落とし方を何回も練習させられ、一日中それを聴いていた。字が読めない頃、それで自然と音楽に親しむ。
  • 学校に行くようになってもうまく歩けずに、周りから杖を取り上げられたりといじめられ友達もできず。変われたきっかけは、音楽の時間に「せいくらべ」を歌った時、先生が「お前は耳が良い」と褒めてくれた。それからは授業で新しい曲を練習するたびに、まず「長田、歌え」と言ってくれて、そのことが自信につながる。
  • 大学で英文科に入った理由は仏典の英訳をしたいと思ったから。
  • 大学での部活は児童教育部に所属。後にCDアルバム「佛教讃歌集」編集では600人の同窓会員が投票して25曲を選んだ。
  • お坊さんになるつもりで得度を2度した。最初は小学3年時、岡山県の永祥寺那須与一の墓がある)にて。2回目は1982年に徳間ジャパンを辞めた際。修行し直してお寺へ帰ろうと思い、静岡県袋井市の寺院可睡斎で。
  • コロムビアレコードのバンドボーイのバイトでは美空ひばり藤山一郎霧島昇らのレコーディングの準備や片付けを経験。

著書[編集]

  • 日本抒情歌大全集<第1集~第4集>ピアノ伴奏・解説付き(ドレミ楽譜出版社
  • 世界抒情歌全集 <第1集~第3集> ピアノ伴奏・解説付(ドレミ楽譜出版社)
  • 日本唱歌名曲集(全音楽譜出版社
  • 日本童謡名曲集 伴奏付 付録・日本童謡発達小史(全音楽譜出版社)
  • 流行歌20世紀(全音楽譜出版社)
  • わたしのレコード100年史(英知出版
  • 童謡歌手からみた日本童謡史(大月書店
  • 知っているようで知らない音楽おもしろ雑学事典(ヤマハミュージックメディア
  • 四季の歌暦366(ヤマハミュージックメディア)
  • 絵でとく日本の歌 見て読む本(ヤマハミュージックメディア)
  • 歌に潜む仏教のこころ(国書刊行会
  • 世界の愛唱歌 ハンドブック 1000字でわかる名曲ものがたり(ヤマハミュージックメディア)
  • あの歌この歌こぼれ話(全音楽譜出版社)
  • 改訂増補平成版日本民謡全集 解説・楽譜付き(千藤幸蔵と共著)
  • 見て読む本・絵でとく日本の歌(ヤマハミュージックメディア)
  • 日本民謡選集(千藤幸蔵と共著)(ドレミ楽譜出版社)
  • 懐かしのうたごえヒット集 歌詞・解説付(自由現代社)
  • 歌でつづる20世紀 あの歌が流れていた頃 1901〜2000(ヤマハミュージックメディア)
  • サトウハチローのこころ ことばの花束(佼成出版社
  • 日本のうた大全集 詩と解説(自由現代社)
  • 心にのこる日本の歌101選(ヤマハミュージックメディア)
  • ゼンオン歌謡ギター名曲選 1 簡単に弾けるタブ譜つき(全音楽譜出版社)
  • ゼンオン歌謡ギター名曲選 2 簡単に弾けるタブ譜つき(全音楽譜出版社)
  • ゼンオン歌謡ギター名曲選 3 簡単に弾けるタブ譜つき(全音楽譜出版社)
  • よみがえる歌声喫茶名曲集75曲の歌詞と25曲のカラオケCD付き(英知出版社)
  • 日本民謡事典(全音楽譜出版社)
  • 歌謡曲おもしろこぼれ話(社会思想社)2002.2
  • 詩と解説 日本のうた大全集 (改訂版)(自由現代社)2003.2
  • 1冊でわかるポケット教養シリーズ 音楽ものしり事典(ヤマハミュージックメディア)2013.11
  • 昭和歌謡 - 流行歌からみえてくる昭和の世相(敬文舎)2017.10

順不同、著作は約500冊。

出演[編集]

  • CBCサンデースペシャル・なんだかんだで生放送!! (CBCラジオ・1986年5月25日~1989年12月3日) - メインパーソナリティ。番組内では「歩く歌謡情報誌」という異名をとった。共演は村井秀樹アナウンサー(当時)。
  • あいうえ歌謡曲 (NHKラジオ第1放送・2003年10月4日~2008年3月28日、全147回)
  • 昭和歌謡ショー(NHKラジオ第1放送 2011年~ 不定期出演)
  • 上記以外にも、NHKのテレビ、ラジオの音楽番組に多数ゲスト出演、解説を務めている。

その他[編集]

  • 各レコード会社のCD監修、解説、通信販売会社のCD、ビデオ大全集の監修、解説もおこなっている。

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「著者略歴」『私のレコード100年史』英知出版、1978年5月10日、287頁。
  2. ^ 朝日新聞・夕刊: p. 3. (1994年12月20日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ 仏教企画. “秋彼岸特集 長田暁二さんに聞く”. 2020年2月12日閲覧。
  4. ^ 紀伊国屋書店. “自由現代社2003.2著者紹介”. 2020年2月12日閲覧。
  5. ^ 産経新聞. “長田暁二さん「戦争が遺した歌」刊行 軍歌や軍国歌謡…時代の背景考察 2015.7.31”. 2020年2月12日閲覧。
  6. ^ 紀伊国屋書店. “著者紹介”. 2020年2月12日閲覧。
  7. ^ 朝日新聞. “ホームソング、優しく新しく 作曲家・大中恩さんを悼む 音楽文化研究家・長田暁二さん 2018年12月12日”. 2020年2月12日閲覧。
  8. ^ 中外日報. “「音楽は世相を反映する」と語る音楽文化研究家 長田暁二さん(89)2020年2月3日”. 2020年2月12日閲覧。
  9. ^ 紀伊国屋書店. “著書”. 2020年2月12日閲覧。
  10. ^ 全音楽譜出版社. “「戦争が遺した歌」著者の長田暁二氏がJASRAC音楽文化賞受賞”. 2020年2月12日閲覧。
  11. ^ 日本音楽著作権協会. “第2回JASRAC音楽文化賞 2015年11月”. 2020年2月12日閲覧。
  12. ^ 日本音楽著作権協会. “第2回JASRAC音楽文化賞 2015年11月”. 2020年2月12日閲覧。
  13. ^ 音楽文化研究家の長田暁二氏らに音楽文化賞”. 日刊スポーツ (2015年11月18日). 2015年11月19日閲覧。