長田豊臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長田 豊臣(ながた とよおみ、1938年1月18日[1] - )は、アメリカ史学者、文学博士(立命館大学、学位論文『南北戦争と国家 』)。学校法人立命館理事長学校法人立命館総長、立命館大学学長・文学部教授を歴任した。プリンストン大学客員教授アメリカ学会元会長。日本私立大学連盟常務理事。大学基準協会副会長。専門はアメリカ南北戦争前後の歴史。

経歴[編集]

学歴[編集]

  • 1962年 立命館大学文学部史学科西洋史学専攻卒業。
  • 1965年 同大学院文学研究科修士課程西洋史学専攻修了。
  • 1993年 文学博士(立命館大学、学位論文『南北戦争と国家』)

研究歴[編集]

社会的活動[編集]

著書[編集]

単著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.333