長者町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長者町駅
駅舎
駅舎
ちょうじゃまち
Chōjamachi
太東 (2.8km)
(1.6km) 三門
所在地 千葉県いすみ市岬町長者81
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 外房線
キロ程 52.1km(千葉起点)
電報略号 チマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
341人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1899年明治32年)12月13日[1]
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
ホーム(2014年1月)
駅前(2007年11月)

長者町駅(ちょうじゃまちえき)は、千葉県いすみ市岬町長者にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)外房線である。

旧・岬町の代表駅。1995年平成7年)に東浪見駅から当駅まで複線化されたが、当駅から御宿駅までは単線となる。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホームは嵩上げされていない。互いのホームは跨線橋で連絡している。

茂原駅管理のJR東日本ステーションサービスによる業務委託駅自動券売機・簡易Suica改札機が設置されている。

2010年(平成22年)2月10日より外房線PRC型自動放送が導入された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 外房線 下り 大原勝浦安房鴨川方面
2 上り 茂原千葉方面

(出典:JR東日本:駅構内図

  • ホームは11両編成までに対応する。

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員341人である。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、近年の1日平均乗車人員の推移は以下の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 690 [* 1]
1991年(平成03年) 709 [* 2]
1992年(平成04年) 727 [* 3]
1993年(平成05年) 704 [* 4]
1994年(平成06年) 669 [* 5]
1995年(平成07年) 672 [* 6]
1996年(平成08年) 667 [* 7]
1997年(平成09年) 674 [* 8]
1998年(平成10年) 708 [* 9]
1999年(平成11年) 684 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 1]654 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 2]644 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 3]633 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 4]639 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 5]635 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 6]622 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 7]653 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 8]642 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 9]632 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 10]614 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 11]584 [* 21]
2011年(平成23年) [JR 12]578 [* 22]
2012年(平成24年) [JR 13]576 [* 23]
2013年(平成25年) [JR 14]553 [* 24]
2014年(平成26年) [JR 15]494 [* 25]
2015年(平成27年) [JR 16]421 [* 26]
2016年(平成28年) [JR 17]402 [* 27]
2017年(平成29年) [JR 18]357 [* 28]
2018年(平成30年) [JR 19]341

駅周辺[編集]

  • いすみ市立長者保育所
  • いすみ市役所岬庁舎(旧・岬町役場)
  • いすみ市立長者小学校
  • 千葉県立岬高等学校(現大原高校園芸実習場)
  • 岬ふれあい会館文化センター
  • いすみ市岬公民館・運動場
  • 岬郵便局

バス路線[編集]

のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
長者町駅 市内循環線(内回り) 太東駅・市役所夷隅支庁前・国吉駅入口・大原駅 市役所大原庁舎 いすみ市民バス
市内循環線(外回り) 三門駅入口・古日在・大原駅 市役所大原庁舎
  • 停留所は駅前ロータリーにある。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
外房線
通勤快速・快速・普通(各駅停車)
太東駅 - 長者町駅 - 三門駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』31号 内房線・外房線・久留里線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年2月21日、22-23頁。
  2. ^ a b “首都圏でSuicaをご利用いただけるエリアが広がります” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2004年8月23日), オリジナルの2019年7月9日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190709202725/https://www.jreast.co.jp/press/2004_1/20040807.pdf 2019年7月29日閲覧。 

利用状況[編集]

  1. ^ 千葉県統計年鑑 - 千葉県
JR東日本の2000年度以降の乗車人員
千葉県統計年鑑

関連項目[編集]