長船元重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
銘「元重」(重要文化財)

長船 元重(おさふね もとしげ)は、南北朝時代備前国刀工。大蔵允と称したともいう。

最上大業物。守重の弟で重真の兄と伝えられる。相州貞宗三哲の一人とされるが、作風からはあまり関連を見出せない。作柄としては地鉄は板目肌に映りが立ち、刃文は初期には片落互の目などを焼き、後期作には沸のついた直刃に足の入るものや直互の目に足・葉の入るものがある。

代表作例[編集]

重要文化財