長良川サービスエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長良川サービスエリア
Nagaragawa-SA.01.jpg
長良川サービスエリア(下り線・高山方面)
所属路線 E41 東海北陸自動車道
本線標識の表記 長良川
起点からの距離 30.1 km(一宮JCT起点)
関SA (2.1 km)
(1.3 km) 美濃関JCT
供用開始日 1986年3月5日
下り線事務所 9:00-17:00(平日)
8:00-17:00(土日祝)
下り線GS ENEOS
6:00-22:00
所在地 501-3217
岐阜県関市下有知
備考 下り線のみ設置されているサービスエリア
テンプレートを表示

長良川サービスエリア(ながらがわサービスエリア)は、岐阜県関市東海北陸自動車道下り線(小矢部砺波方面のみ)にあるサービスエリア

上り線には当SAの2kmほど南に関SAがある。

概要[編集]

以前はトイレのみのサービスエリアだったが、平成9年7月に、中央道駒ヶ岳サービスエリアを運営する信南サービスにより新装OPENしている。同サービスエリアのインフォメーション(現在の「サービスエリア・コンシェルジュ」)は、2008年4月よりサービスを行っており、当時カウンターがなかったため、仮設カウンターでのサービスを行っていたが、2008年6月30日のリフレッシュオープンした際に新しいカウンターができた。エリア内には公園があり、遊具なども揃っている。2008年3月25日にひるがの高原サービスエリアのガソリンスタンドがオープンする前まで最終給油所だった。

道路[編集]

施設[編集]

リフレッシュオープンした店内

下り線(金沢・高山方面)[編集]

  • 駐車場
    • 大型 28台
    • 小型 88台
  • トイレ
    • 男性 大5(和式3・洋式2)・小15
    • 女性 20(和式14・洋式6)
      • 同伴の男児用 1
    • 車椅子用 1
  • ガソリンスタンドJXTGエネルギー(株)ENEOSウイング)、6:00-22:00)
    • 以前は岐阜日石(株)→中日本エクシス(株)が運営していた。
    • 2012年1月31日までは24時間営業だった。
    • 美濃関JCTより東海環状道関広見ICに向かう場合は、当エリアが最終給油所となる。
  • 給電スタンド(24時間)
  • コイン洗車機(24時間)
  • レストラン(信南サービス、7:00-21:00)
  • スナック(信南サービス、24時間)
  • ショッピング(信南サービス、24時間)
  • 自動販売機
  • ベビーコーナー
  • ハイウェイ情報ターミナル
  • サービスエリア・コンシェルジュ(平日9:00-17:00、土日祝日8:00-17:00)
  • メディカルコール
  • スナックコーナー券売機の一部および売店ではEdyが使用可能。
  • コンビネーション遊具(鉄棒・平均台・サークルポスト・平行棒・ウンテイ・ハシゴ・タイヤサークル 他)

[編集]

E41 東海北陸自動車道
(5)関IC - (SA)関SA(上り線のみ) - (SA)長良川SA(下り線のみ) - (5-1)美濃関JCT - (6)美濃IC

関連項目[編集]