長良川全国花火大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長良川全国花火大会
概要
開催時期 8月第1土曜日
初回開催 1946年
会場・場所 岐阜市長良橋下流
打ち上げ数 約3万発
主催 岐阜新聞社岐阜放送
後援 岐阜県岐阜市、岐阜県観光連盟、岐阜観光コンベンション協会、JR東海名古屋鉄道、岐阜県バス協会、岐阜市旅館ホテル協同組合、岐阜長良川温泉旅館協同組合
人出 約30万人(例年)
直通バス JR岐阜駅前、名鉄岐阜駅前から岐阜バス「鵜飼屋」で下車(午後7時以降は休止)。臨時シャトルバス運行。
テンプレートを表示

全国花火大会(ぜんこくはなびたいかい)は、岐阜新聞岐阜放送1946年から、長良川河畔で行っている花火大会である。第1回は終戦の翌年、1946年8月10日に開催され、復興・岐阜を願い打ち上げられた花火は、敗戦に打ちひしがれていた岐阜の市民に生きる希望を与えた。戦後最初に開催された花火大会で、「全国煙火大会」の名称は、翌年から「全国花火大会」と変更されている。8月の第1土曜日に岐阜市長良川河畔で開催される。なお、同じ場所で前週(7月の最終土曜日)に開催される中日新聞社主催の全国選抜長良川中日花火大会と合わせて、「長良川花火大会」と呼ばれる場合がある。

概要[編集]

  • 例年、打ち上げは19時30分から開始され、遅くとも21時までには終了する。
  • 日本最大級の花火大会とされ、全国的に有名である。そのため、毎年全国各地から数多くのツアー客が観覧に訪れている。花火の打ち上げ数は約3万発であり、打ち上げ時間内の花火の打ち上げ密度は極めて高い。スタンダードな打ち上げ花火の他にも、ナイアガラの滝花火など、様々な変わり種の花火が用意されている。観覧会場の正面で大部分の花火が打ち上げられるが、観覧会場の真横に当たる河川上の船舶や、河川を横断するワイヤー伝いや、観覧会場から離れた岐阜グランドホテル前の河畔など、意外性のある花火の点火も行われる。スターマインでは、観客の視界を覆い尽くし、常軌を逸して畳み掛けるような打ち上げが行われる。
  • 例年の動員数は30万人を超える程度である。

その他[編集]

  • 同じ場所で7月の最終土曜日に中日新聞社が主催する全国選抜長良川中日花火大会が行われている。この花火大会も打ち上げ約3万発と全国屈指の大規模な花火大会で、ひと夏に同じ場所で打ち上げ数3万発規模の花火大会が2回も行われるのは長良川河畔だけである。
  • この花火大会の模様は2015年以降ぎふチャンテレビにて生中継されており、2018年以降はBS11でも同時中継されるようになった。
  • 2011年8月6日に開催予定だった第66回大会は中止となった。東日本大震災東北地方太平洋沖地震)によるものである[1]。同じ岐阜新聞社主催の第55回岐阜新聞大垣花火大会[1]、同じ長良川で行われる第55回全国選抜長良川中日花火大会も同様に中止されている[2]。2012年以降は通常通り行われている。
  • 2015年の第70回は「史上空前!第70回記念全国花火大会」と銘打ち、70基のスターマインが登場する。ウルトラスターマインで開幕し、幅200m以上のワイドスターマインや長良川を横断する長さ400mの「ぎふ清流の滝」が登場。フィナーレを飾る連続スターマインは、息もつかせぬほど次々と繰り出される。
  • 2016年の第71回は、主催の岐阜新聞社の創刊135年記念で開催され「ありがとう135」をテーマに連続スターマインなどで観客を圧倒した。

脚注[編集]

関連項目[編集]