長谷川乙彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はせがわ おとひこ
長谷川 乙彦
Mr. Otohiko Hasegawa.jpg
生誕 (1870-05-20) 1870年5月20日明治3年4月20日
尾張国名古屋(現・愛知県名古屋市
死没 (1939-05-27) 1939年5月27日(69歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 高等師範学校文学科
職業 教育者
肩書き 正四位勲三等
長谷川乙彦

長谷川 乙彦(はせがわ おとひこ、明治3年4月20日[1]1870年5月20日) - 昭和14年(1939年5月27日[2])は、日本教育者

経歴[編集]

尾張国愛知県名古屋出身。1895年(明治28年)、東京高等師範学校を卒業。広島高等師範学校教授・附属中学校主事を務め、後に東京高等師範学校教授に転じた。その後、東京府青山師範学校校長に就任し、國學院大學教授も兼ねた。

著書[編集]

  • 『新教育学大綱』(文学社、1900年)
  • 『新編女子用教育学』(松村三松堂、1903年)
  • 『戦後に於ける教育思想及方法の革新』(松邑三松堂、1920年)
  • 『最新教授法概論』(英進社、1938年)

脚注[編集]

  1. ^ 大衆人事録 1930.
  2. ^ 『昭和十五年度版 日本人名選』、大阪毎日新聞社、1939年。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年

関連文献[編集]

公職
先代:
滝沢菊太郎
東京府青山師範学校長
1925年 - 1938年
次代:
三国谷三四郎
先代:
塚原政次
(新設)
日本の旗 広島高等師範学校附属中学校主事
1916年 - 1925年
1905年 - 1914年
次代:
津山三郎
三沢糾