長谷川天渓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長谷川 天渓(はせがわ てんけい、1876年11月26日1940年8月30日)は、20世紀初期に活躍した日本の文芸評論家である。本名は長谷川誠也。

経歴[編集]

新潟県刈羽郡高浜町出身、柏崎に育つ。高田中学入学後上京し、東京専門学校(早稲田大学)に学び、坪内逍遥大西祝に学ぶ。卒業後は博文館に勤務し、雑誌『太陽』の編集にたずさわる。「小説家と時代精神」を発表し、評論活動にはいる。その後、1908年の「現実暴露の悲哀」にいたるまで、自然主義文学を擁護する立場から論陣をはる。

1910年、社命により渡欧してからは評論活動よりも出版者としての活動が主となり、博文館の取締役もつとめた。また、1921年には文部省の臨時国語調査委員もつとめた。1923年から1927年まで『太陽』編集主幹。1940年、胆嚢炎にて死去。

瀬沼茂樹岩波文庫で『長谷川天渓文芸評論集』を編み、主要な評論を集成した。また、筑摩書房の『現代日本文学大系』の『文芸評論集』の解説で、「その議論は粗雑で大胆であったが、幻滅時代、論理的遊戯、現実暴露の悲哀などの多くの流行語を生む機敏さをそなえていた」と評している。

編著書[編集]

  • 『通俗世界歴史』(通俗百科全書)長谷川誠也 博文館,1898
  • 『ボルドヰン氏原始的心理学』(名著綱要文学教育科)長谷川誠也 東京専門学校出版部 1900
  • アリストートル 一名・希臘教育史 (大教育家)長谷川天渓 (誠也) 同文館 1902
  • 『新撰西洋歴史問答』(受験問答叢書)長谷川誠也編 博文館 1902
  • 『文芸観』文明堂 1905
  • 『自然主義』長谷川天渓 (誠也) 博文館 1908
  • 『万年筆』 (文芸入門)長谷川天渓 (誠也) 左久良書房 1910
  • 『文芸思潮論』長谷川誠也 博文館 1929
  • 『文芸と心理分析』長谷川誠也 春陽堂 1930
  • 『新修百科大辞典』長谷川誠也編 1934
  • 『遠近精神分析観』長谷川誠也 岡倉書房 1936
  • 『国語国字及び文学の心理研究』長谷川誠也 三学書房 1941
  • 『長谷川天渓文芸評論集』岩波文庫 1955

翻訳[編集]

  • パウル・ケーラス『科学的宗教』長谷川天渓 (誠也) 訳 鴻盟社 1899
  • ポール・ケーラス『仏教哲学』長谷川誠也訳 鴻盟社 1901
  • ボルドヰン・ブラウン『美術概論』長谷川天渓 (誠也) 等訳 春陽堂 1903
  • ジー・リューヰス『文学訓』博文館 1906
  • ベネヂット・クローチェ『美学及美学史』長谷川誠也,大槻憲二共訳 世界大思想全集 春秋社 1930

参考文献[編集]

『現代日本文学大系』の解説(瀬沼茂樹)、年譜(小田切進