長谷川寿一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長谷川 寿一(はせがわ としかず、1952年4月23日 - )は、日本の行動生態学者、東京大学名誉教授。研究テーマはインドクジャクの配偶者選択、ヒト・類人猿の生活史戦略と配偶戦略、自閉症者の認知など。

神奈川県出身。同じく行動生態学者の長谷川眞理子は妻である。 スタンダードプードルのキクマルを飼っている(ブラタモリ (NHK)「鷹狩り」内容より)[1][リンク切れ]

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 進化と人間行動 長谷川眞理子共著 東京大学出版会 2000.4
  • 心の進化 人間性の起源をもとめて 松沢哲郎共編 岩波書店 2000.11
  • 進化と人間行動 長谷川眞理子共著 放送大学 2007.4
  • こころと言葉 進化と認知科学のアプローチ C.ラマール,伊藤たかね共編 東京大学出版会 2008.10
  • ソーシャルブレインズ 自己と他者を認知する脳 開一夫共編 東京大学出版会 2009.1

翻訳[編集]

  • 人間はどこまでチンパンジーか? 人類進化の栄光と翳り ジャレド・ダイアモンド 長谷川真理子共訳 新曜社 1993.10
  • 人が人を殺すとき 進化でその謎をとく マーティン・デイリー,マーゴ・ウィルソン 長谷川真理子共訳 新思索社 1999.11
  • オランウータンとともに 失われゆくエデンの園から ビルーテ・M.F.ガルディカス 杉浦秀樹,斉藤千映美共訳 新曜社 1999.6
  • セックスはなぜ楽しいか ジャレド・ダイアモンド 草思社, 1999
  • 病気はなぜ、あるのか 進化医学による新しい理解 ランドルフ・M.ネシー,ジョージ・C.ウィリアムズ 長谷川眞理子,青木千里共訳 新曜社 2001.4

論文[編集]

学外における役職[編集]