長谷川昌泳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

長谷川 昌泳(はせがわ しょうえい、1982年11月26日 - )は、大阪府出身のアメリカンフットボール選手である。ポジションはワイドレシーバー。183cm、85kg。現背番号7番。

来歴[編集]

大阪産業大学附属高等学校でアメフトを始めた。立命館大学パンサーズではエースレシーバーとして活躍、関西学生リーグのパスレシーブ獲得ヤード第1位を獲得。

卒業後はNFLヨーロッパでプレー。ライン・ファイヤーから2006年にアムステルダム・アドミラルズに移籍。

2006年、松下電工インパルス(現パナソニック インパルス)に入団。西地区新人賞に選ばれる。

2007年のW杯に出場。その後元チームメイトの木下典明とともにNFLを目指した。

2011年4月のNFLエリート・プロフットボール・コンバインに参加している[1]

2012年、現役引退。

2013年、日本大学フェニックスコーチ就任。

2018年5月29日、日本大学フェニックス、コーチ辞任。

人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本人がNFL挑戦! 注目のエリート・コンバイン”. NFL JAPAN (2011年4月10日). 2011年4月10日閲覧。