長谷川智広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長谷川 智広(はせがわ ともひろ、1990年7月31日[1]- )は日本漫画家神奈川県川崎市出身[1]

経歴[編集]

大学生のとき、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の漫画賞JUMPトレジャー新人漫画賞に投稿し、第35回(2010年5月期、審査員:秋本治)に「Kiss me, Apollo.」で最終候補。週刊少年ジャンプ編集部員の齊藤優が担当となる。その後、バトル漫画の連載を目指し、トレジャー新人漫画賞の受賞を目指す。しかし、齊藤に「ギャグ以外まったくおもしろくない」と言われ、長谷川も齊藤が笑ってくれるのが嬉しくなり、ギャグ漫画家に転身した[1]

第46回(2011年4月期)JUMPトレジャー新人漫画賞(審査員:小畑健)に「獣剣Lovers」で佳作受賞。『週刊少年ジャンプ』公式ウェブサイト上にて作品が掲載される。

この頃、齊藤の担当で『ニセコイ』を連載していた古味直志の元でアシスタントを勤める[1]

少年ジャンプNEXT!』(集英社)2012 WINTERに掲載された「恋のキューピッド 焼野原塵」でデビュー。『週刊少年ジャンプ』2012年36・37合併号に第8回金未来杯参加作として「恋のキューピッド 焼野原塵」を掲載。『週刊少年ジャンプ』2013年43号から2014年12号まで「恋のキューピッド 焼野原塵」を初連載。

少年ジャンプNEXT!!』(集英社)2014 vol.4に「最終兵器コンちゃん」を掲載。『週刊少年ジャンプ』2016年46号から2018年14号まで「青春兵器ナンバーワン」を連載。

人物[編集]

子どもの頃は『コロコロコミック』(小学館)の単行本を読んでおり、『ONE PIECE』(尾田栄一郎)をきっかけに『ジャンプ』を読むようになった。そのため2017年時点で『ジャンプ』以外の雑誌をほとんど読んだことは無い。2011年ごろには『BLEACH』(久保帯人)に熱中していた[1]

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』(任天堂)のプレイヤー[1]

作品リスト[編集]

関連人物[編集]

師匠

アシスタント仲間

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 少年ジャンプ+【第1回】ジャンプの連載マンガ家ってどんな生活をしてるの?ピザパーティを口実に若手ギャグ作家の作業場を見学してきた (2017年4月13日) 2017年8月3日閲覧。
  2. ^ 『恋のキューピッド 焼野原塵』番外編(『少年ジャンプNEXT!』2014 WINTER)。
  3. ^ a b 烈!!!伊達先パイ』2巻スタッフ紹介。
  • 獣剣Lovers(第46回JUMPトレジャー新人漫画賞佳作受賞作品)
  • BLEACHと僕(実写映画「BLEACH」のレポート漫画)