長谷川正長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
長谷川 正長
時代 戦国時代
生誕 天文5年(1536年
死没 元亀3年12月22日1573年1月25日
主君 今川義元今川氏真徳川家康
氏族 長谷川氏
父母 父:長谷川元長
正成、宣次、長谷川正吉

長谷川 正長(はせがわ まさなが)は、戦国時代武将駿河国小川城主、一色城長谷川氏当主、紀伊守。

今川義元に仕えていたが、桶狭間の戦いで義元と父元長が戦死すると、今川氏真に仕えたが、 永禄13年(1570年)に甲斐武田信玄に駿河を攻められると遠江に逃れ、三河から進出してきた徳川家康に仕えるようになった。元亀3年(1572年12月22日三方ヶ原の戦いに参加、徳川軍が大敗すると父同様、奮戦して討死にした。享年37。墓所は焼津市の信香院。

次男の伊兵衛宣次は天正10年(1582年)から家康の小姓を務めると、やがて別家を興したという。その子孫が江戸時代に活躍した火付盗賊改方長谷川宣以という。

関連項目[編集]