長谷川氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長谷川(はせがわ、はせかわ)は、日本の氏族。

大和国(現在の奈良県)を流れる長谷の泊瀬・初瀬川を由来とし、この地域を本拠地としていた一族。

雄略天皇の家臣たちが全国に派遣され、この本拠地の地名にちなんで各地で「長谷川」と名乗ったとされる。


長谷川氏の中にもいくつかの流れがある。

  1. 大和国(奈良県)十市郡耳成村大字十市の十市御縣坐神社一帯を本拠地にした十市県主の裔で中原氏
  2. 大和国式上郡初瀬を発祥地とする在原氏系の家系。
  3. 下野国(栃木県)の藤原秀郷系の家系。美濃長谷川藩、後の江戸時代旗本である長谷川宣以(平蔵)の家系が祖とする。
  4. 越中国(富山県)の藤原利仁系の家系。※3.と同じ流れの可能性あり
  5. 美濃国(岐阜県)の橘氏系の家系。

在原氏系 長谷川氏[編集]

法貴寺荘(大和国十市郡田原本町法貴寺)を根拠地としたとみられ、大和国人である十市氏を盟主とする武士団・長谷川党(法貴寺党)を形成していた。15世紀には衰退した。

世阿弥の女婿である能楽金春流金春禅竹が『明宿集』の中で「秦河勝ノ御子三人、一人ニワ武ヲ伝エ、一人ニワ伶人ヲ伝エ、一人ニワ猿楽ヲ伝フ。武芸ヲ伝エ給フ子孫、今ノ大和ノ長谷川党コレナリ。」と記している。

また、長谷川党は薩摩国島津氏の系譜と密接な関係がある。

藤原秀郷系 長谷川氏[編集]

中臣鎌足の流れを汲む藤原秀郷を祖とした一族で、尾藤氏流と下河辺氏流の2つがある。近藤安太郎『系図研究の基礎知識』によると、藤原秀郷流の主要五氏(他は青木氏、永嶋氏、長沼氏、進藤氏)の一つとある。

尾藤氏流

佐藤氏の分家・尾藤氏のさらに庶流にあたる。佐藤公清の庶子・公澄の4世孫・知宗(兄・知広が尾藤氏を名乗る)の末裔で、22代後の宗茂が長谷川氏を名乗ったという。

宗茂の曾孫が長谷川宗仁で、宗仁の子・守知は一時美濃長谷川藩を立てている。この系統は守知の息子のとき分割相続により旗本となったが、本家は無嗣断絶し分家が存続した。

下河辺氏流

藤巴紋

小山氏の一族たる下河辺氏を出自とする地方豪族。下河辺氏の祖たる下河辺政義の子・小川政平の末裔である。政平の子孫・政宣が大和国長谷川に住んだため、長谷川氏を名乗ったという。一方、政宣の父とみられる長重にまで連なる清和源氏の系譜も『駿河記』巻之十六に掲載されている。そちらの系譜では初代・長宗が大和国長谷川に住み、三代・貞富が土岐光信を責めた功により藤巴紋を給ったとされる[1]

長谷川政宣は駿河国小川郷(現・静岡県焼津市)に拠り、小川法永長者と称したとされる。政宣(法永)は小鹿範満に追われた今川龍王丸(氏親)を匿ったと伝えられ、この長者の子孫が今川氏に仕えた。

その後正長の時、君主今川義元桶狭間の戦いで討死したため没落、再度徳川家康に召抱えられるも三方ヶ原の戦いで討死した。

長谷川正長には正成・宣次・正吉の3子があり、正成系は1750石(のち分割相続により減り1450石)で江戸時代を存続した。正成は徳川秀忠の娘の勝姫松平忠直に嫁ぐ際に付属して福井藩へ派遣され、のち忠直が配流されその子の光長越後高田に移された後も、続けて江戸の高田藩邸に住む勝姫に仕え、幕府より加増を受けている。宣次系は400石で続いた。この家系からのちに火付盗賊改として著名な長谷川宣以(平蔵)が出ている。正吉系は4070石(一時500石を加増されたが分割相続により減った)で幕末に至った。

また、同族とみられる能長は武田信玄に召し抱えられたとされているが、その子孫の詳細は不明である[2]

同族とみられる長久は今川義元に仕え、その子長谷川長綱は家康に仕え、関東代官頭の一人となった[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 桑原藤泰『駿河記』上巻、1932年、590-591頁。
  2. ^ 前田利久「戦国時代の小川と長谷川氏」『ヤシャンボー 焼津市南部地区民俗誌』、焼津市南部土地区画整理組合、1993年。/所収:黒田基樹編 『今川氏親』 戒光祥出版〈シリーズ・中世東国武士の研究 第二六巻〉、2019年、404-407頁。ISBN 978-4-86403-318-3。 
  3. ^ 村上直「近世初期における幕領支配と代官-長谷川七左衛門長綱を中心に-」『研究紀要』創刊号、駒沢女子短期大学、1966年。

関連項目[編集]