長谷川濬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

長谷川 濬(はせがわ しゅん、1906年7月4日 - 1973年12月16日)は、日本の詩人作家ロシア文学者

家族[編集]

父・清(後に淑夫に改名)と母・ユキの三男として函館に生まれる。

生涯[編集]

1925年函館中学を卒業すると、海太郎の勧めもあって4年の間漁船に乗った。その後大阪外国語学校露語科を卒業し満州国に渡る。公務員を経て1932年満洲映画協会に入った。この頃ニコライ・バイコフの「偉大なる王」を翻訳。終戦時に満州映画協会理事長の甘粕正彦の自殺場面を目撃した。戦後は通訳などの仕事をしながら同人誌に創作・詩・エッセイなどを投稿した。また、神彰とともにドン・コザック合唱団を招いた。

関連書籍[編集]

  • 『彼等の昭和 長谷川海太郎・潾二郎・濬・四郎』川崎賢子白水社、1994年)
  • 『満州浪漫 長谷川濬が見た夢』大島幹雄(藤原書店、2012年)


参考文献[編集]

  • 朝日新聞朝刊『読書 満州浪漫 長谷川濬が見た夢』2012年11月11日(15面)