長谷川豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
はせがわ ゆたか
長谷川 豊
Yutaka Hasegawa 2019.jpg
2019年撮影
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 奈良県[1][2]奈良市[3]
生年月日 (1975-08-12) 1975年8月12日(45歳)[1][2][4]
最終学歴 立命館大学産業社会学部[2][5]
職歴フジテレビアナウンサー
フリーアナウンサー
経営者コンサルタント
活動期間 1999年 - 2012年6月(フジテレビアナウンサー)
2013年4月 - 2016年10月(フリーアナウンサー)
ジャンル 情報・バラエティ・報道・スポーツ中継
配偶者 あり[6]
出演番組・活動
出演経歴情報プレゼンター とくダネ!
めざましテレビ
上沼・高田のクギズケ!
バラいろダンディ』など
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

長谷川 豊(はせがわ ゆたか、1975年昭和50年〉8月12日[1][2][4] - )は日本の元アナウンサー経営者コンサルタント[7][8]フジテレビ時代には『情報プレゼンター とくダネ!』や『めざましテレビ』のアナウンサー、およびGIレースを含む競馬F1などスポーツ実況を担当し[9][10][11]、暴走・毒舌キャラとして知られた[12]。2012年にフジテレビを退職した際には経緯をブログで公開し、『いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話』(2013年、小学館)を出版[12][13]フリーアナウンサー時代には『バラいろダンディ』のメインMCを務めたが[3][14]、コラム炎上に伴う批判により全番組を降板した[14][15]メディア政治の裏側を語る講演活動も展開し[16]、2018年には東久邇宮文化褒賞を受賞している[16]

来歴・人物[編集]

生い立ち・学生時代[編集]

1975年昭和50年)8月、奈良県[1][5]奈良市に生まれる[3]洛星中学校を経て[17]三重県にある日生学園第一高等学校に進む[4][5]。当時[18]の同高校はイギリスの全寮制パブリックスクールであるイートン・カレッジにならった全寮制で[19]、長谷川は柔道部[20]や劇団、合唱団で活動したという[17]。さらに国民文化祭朗読部門で全国1位、全国高等学校総合文化祭弁論部門3位、NHK杯全国高校放送コンテスト朗読部門・番組製作部門三重県代表の実績をあげた[21][17]

立命館大学早稲田大学に合格した長谷川は[20]、メディアリテラシーを専門とする鈴木みどりがいる[20]立命館大学産業社会学部情報・メディアコース[注釈 1]に進学[5][23]立命館大学放送局 (RBC) に所属するとともに[24]劇団を立ち上げて脚本演出舞台監督を経験したという[17]。また、2年生の時に立命館のレガッタで実況を経験[24]。レガッタで実況の難しさを痛感してからは、競馬実況者の杉本清を参考に勉強していたという[24]。メディアリテラシーでは鈴木みどりの指導を仰ぎ[24]、本人は「一番弟子と可愛がられた」と述懐している[7]

長谷川は就職試験に向けて、東京アナウンスアカデミーへ京都から毎週夜行バスで通っていたという[13][25]。3年生時の1998年(平成10年)1月からフジテレビの入社試験を受け、面接では「競馬の実況をしたい」と語り[13]西山喜久恵から提示されたフリートークや2日間のセミナーを乗り越え[26]、同年1月21日に内々定通知を受けたと語っている[27]。長谷川は関西テレビが本命で、他社の選考も並行していたが、フジテレビへの入社を決断したという[27]。同期合格は内田恭子大橋マキであった[9]

フジテレビ時代、退職後[編集]

1999年平成11年)4月、フジテレビに入社[1][5]。入社1年目は『FNNスーパーニュース』のフィールドキャスターや[28]競馬実況を担当し[5]、入社2年目の2000年(平成12年)から『情報プレゼンター とくダネ!』を担当[9][29]。ほかにも『スーパー競馬』『みんなのケイバ』『笑っていいとも!増刊号』『すぽると!』などに出演する[5]。2008年(平成20年)にはフェブラリーステークスの実況を担当し[要出典]、翌年にはヴィクトリアマイル[11]、さらに翌年には NHKマイルカップの実況も務めた[要出典]節「フジテレビ時代の担当番組」も参照)。

2010年(平成22年)9月、同局アナウンサーの佐野瑞樹の後任としてニューヨーク支局に赴任[30][31][32]、『めざましテレビ』や『情報プレゼンター とくダネ!』でニューヨーク中継を担当[31][32]。2010年の予備選挙に備えたバラク・オバマ大統領の演説を取材し、この時期インタビューを受けなかった大統領に握手をして話しかけることができ、「わざわざありがとう!非常にいい戦いが出来ているよ!」というコメントを得たという[33]。2011年7月にはスペースシャトルの最後の打ち上げをリポートした[5][23][34]

2012年(平成24年)6月12日、フジテレビは「業務の規定に違反」したとして長谷川を降格処分、本社人事局付にしたと発表[35][36]。その後は編成制作局編成情報センター著作権契約部に配置換えとなる[1]2013年4月1日、長谷川は14年間を勤務したフジテレビを自主退職[32]。退職後に事の経緯や反論を記したブログを公開。非タレント系ブログの日本記録と言われる19日間で330万人の来訪者、2400万のPV(ページビュー)を記録したと報道された[29][37]詳細は節「フジテレビの降格処分と退職」を参照)。

フリーアナウンサー時代[編集]

2013年(平成25年)5月25日、映画『生贄のジレンマ』のプロモーション映像が公開され、その中でアナウンサー役で出演した[29]。同年7月14日 『生贄のジレンマ』の公開記念舞台あいさつに司会者として出席[38]。これがネットでの活動を除くと1年ぶりに公式の場への復帰となった。同年8月28日放送のTOKYO MXニッポン・ダンディ』に代理司会として出演、テレビ番組に復帰した[39]。同年8月30日には『いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話』が発売され、反響を呼ぶ[40][12][注釈 2]

また、同年10月からは同番組の毎月第1水曜日のレギュラー司会を担当[1]。2013年11月から[要出典]は『有吉ジャポン』(TBS[23]をはじめ、東京キー局の番組にも再び出演[要出典]。『たかじんNOマネー』(テレビ大阪)では、同年11月2日の放送で「第3代毒舌王」に就任した[要出典]。翌2014年(平成26年)4月1日より、TOKYO MXにて『ニッポン・ダンディ』をリニューアルした『バラいろダンディ』がスタートし、同番組のメインキャスターに起用された[41][3]。同年11月28日にはテレビ大阪の夕方の報道特番『大阪の大問題』で、フジテレビを退社して以来初めてのニュースキャスターを務めた[28]

2015年4月には同局にて夕方のニュース番組『ニュースリアルFRIDAY』がスタートし、報道キャスターを務めるようになる[42]。また、2014年から2015年にかけて数冊の著書を出版している(著書の節参照)。しかし2016年(平成28年)9月にブログ炎上し、多くの批判を受ける[43]。最終的に『ニュースリアルFRIDAY』[44]、『上沼・高田のクギズケ!』[45]、『バラいろダンディ』[14]が降板。ブログを転載していた『BLOGOS』との契約も打ち切られ[46]、ゲストでテレビアニメペペペペン議員』の声優を務める話も流れてしまう[47][48]詳細は節「コラムの炎上と番組降板」を参照)。

選挙活動、その後[編集]

長谷川はフリーアナウンサーとして講演会講師[49]やトークショーのMCも引き受けており[10]、講演会では「伝える方法」やメディアの裏側について講演した[49][16]。100回以上の講演でメディアや政治の裏側を本音で語ったことが評価され、2018年(平成30年)11月1日には東久邇宮記念会(NPO法人発明知的財産研究会)から「東久邇宮文化褒賞」を表彰されている[16]

一方で、「1人でも多くの人を救いたい」という想いで政界に挑戦[7]2017年(平成29年)10月、第48回衆議院議員総選挙千葉1区比例南関東ブロック重複立候補[50])に日本維新の会公認で出馬するも落選[51][52]2019年令和元年)7月に実施予定の第25回参議院議員通常選挙に対しても、同年1月に日本維新の会から比例区の候補として公認を受けるが[53]、5月23日に公認停止[54]。6月10日には自ら公認を辞退する事態となった[55](詳細は節「政治活動」を参照)。

2019年7月のインタビューでは元アナウンサー、会社経営者の肩書で応じ[7]、2020年6月現在は企業の広報やPRについてのコンサルタントや企業顧問を展開している[8]。なお、コロナ禍に置かれた同年同月には、Zoomで講演を行っている[8]

受賞歴[編集]

主な著作[編集]

著書[編集]

  • 『いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話』 小学館、2013年8月、ISBN 9784093798495。
  • 『魔法のようによく分かる「伝わるプレゼン」の教科書』 サイゾー 2014年4月、ISBN 9784904209431。
  • 『見たいテレビが今日もない~メディアの王様崩壊の現場~』 双葉社〈双葉新書 092〉、2014年5月、ISBN 9784575154436。
  • 『テレビの裏側が面白いほどよくわかる「メディアリテラシー」の教科書』 サイゾー、2014年5月、ISBN 9784904209455。
  • 『ワンピースに学ぶ反日問題』 ヴィレッジブックス、2014年5月、ISBN 978-4864911382。
  • 『報道ステーションは正義か不実か』 KKベストセラーズ〈ベスト新書 485〉、2015年12月、ISBN 9784584124857。

連載・掲載[編集]

(転載ブログ)

フジテレビの降格処分と退職[編集]

2012年(平成24年)6月12日、フジテレビは「業務の規定に違反」したとして長谷川を降格処分、本社人事局付にしたと発表[35][36]。その後は編成制作局編成情報センター著作権契約部に配置換えとなる[1]2013年4月1日、長谷川は14年間を勤務したフジテレビを自主退職した[32]

原因は「ニューヨーク滞在関連費用の不正使用」にあったといい、長谷川はその全額を返還している[68][40]。長谷川はインタビューにおいて、ある社員の勘違いが原因であること、4組6人の弁護士に相談し、「不法領得の意思がまったくなく、お金を返そうとしているのが明確なことから、横領には当たらない」という見解を得ていたことを語っている[40]

長谷川は法的手段に訴えることは見送ったが[40]、退職後に事の経緯や反論を記したブログを公開[29][37]#外部リンク」も参照)。このブログは19日間で330万人の来訪者、2400万のPV(ページビュー)を記録し、これは当時非タレント系ブログの日本記録として報道された[29][37]。なお、ライブドアの調査によると、4月2日に公開されたこのブログは、5月22日の時点で400万人が訪れ、2700万PVを記録したという[29]

さらに小学館から声がかかったこともあり、退職の経緯を主に記した著書を執筆することになる[40]。出版にあたっては、小学館弁護士や法務担当者にも確認を取ったといい[40]、2013年(平成25年)8月30日に『いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話』として発売され、反響を呼んだ[40][12]。この本には退職の経緯のみならず、ホリエモンによるニッポン放送買収事件などの業界裏話についても記されていた[12]

コラムの炎上と番組降板[編集]

長谷川は2016年9月19日付のブログで、医療費亡国論に類する[69]「医者の言うことを何年も無視し続けて自業自得人工透析になった患者の費用まで全額国負担でなければいけないのか?今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」という主張を展開[44]。しかし「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」というタイトルだったことから、読者から批判が殺到する(後にタイトルを謝罪とともに変更)[15]。9月23日には全国腎臓病協議会からも抗議文が送られる事態に発展するも、25日に長谷川は謝罪拒否[15]テレビ局スポンサー株主に対してまで批判が拡大する[要出典]

長谷川はテレビ大阪と協議の上、9月30日から『ニュースリアルFRIDAY』を降板[44]読売テレビも、ブログやその後受けた抗議などを「総合的に判断した」として、『上沼・高田のクギズケ!』から長谷川を降板させた[45]。ブログを転載していた『BLOGOS』では無修正で掲載したことが問題になるとともに、批判が殺到[46]。長谷川の契約は打ち切られてしまう[46]BLOGOS#長谷川豊記事掲載問題」も参照)。当初は続投の構えだった[15]『バラいろダンディ』も10月4日の放映を最後に降板となり[14][注釈 3]、同日に長谷川は全国腎臓病協議会へ謝罪文を送ることを宣言[15]。10月17日付のブログでは、自身の妻子宛てに卑猥な写真や性的な玩具が送られているとして警察へ被害届を提出することを公表していた[6]

ブログの言葉について、長谷川は「いらぬ偏見を植え付け、下らない誹謗中傷を誘う可能性のある内容」であったと謝罪[15]キャスター堀潤は出演番組で長谷川の「自分が過激なことを言うことで議論が広がればいい」という考えを紹介したが、「過激な文言はやっぱり議論が広がらない。過剰な批判しか呼ばない」と苦言を呈している[70]。また、長谷川は自身のブログで「あまりに多くのPVが来ることに、とても気持ちよくなっていた」「中嶋さん[注釈 4]の指摘する『ブログジャンキー』だったのだと思う」と反省し[71][70]、翌年のインタビューでも「アナウンサーだから、内容や言葉遣いがあまりに攻撃的で行き過ぎていたと悩んでいた」と述懐している[43]

政治活動[編集]

2017年2月6日、同年10月におこなわれる第48回衆議院議員総選挙日本維新の会から千葉1区で出馬することを表明した[72]。結果は落選[73]。2017年の衆院選における主張は、毎日新聞社の候補者アンケートによると、アベノミクスを評価しない[74]原発は当面必要だが将来的には廃止すべき[74]消費税率の10%への引き上げに反対[74]、憲法改正に賛成[74]、といったものであった。

2019年1月、同年7月に行われる第25回参議院議員通常選挙で日本維新の会から比例区の候補として公認された[75]。その後、講演において被差別部落に関する不適切な発言があったとして、5月23日に公認停止。本人に話を聞くなどとしていたが[76]、6月10日に「仲間に迷惑をかける」との理由から自ら公認を辞退した[77]なお本人は差別的な意図などは一切なく一部の切り取りと語っている[要出典]

フジテレビ時代の担当番組[編集]

テレビ番組[編集]

ナレーション担当[編集]

競馬GI実況歴[編集]

フリー転向後の出演番組[編集]

地上波[編集]

インターネットテレビ[編集]

  • クイズダービーインパクト(2013年11月23日、ニコニコ生放送[81]
  • 先輩に敬意を表しつつこれからのAKBは私たちが作らなければならないと声高らかに叫びたい(2015年4月7日 - 6月30日、アメスタ) - MC[要出典]
  • 今夜、釈明しますm(_ _)m #2(2017年5月27日、AbemaSPECIAL2チャンネル)[82]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 産業社会学部衣笠キャンパスにあり、1994年度に情報・メディアコースが増設されたが、2007年度に1学科5専攻へ改組されたに[22]
  2. ^ 同書の出版にあたっては、小学館弁護士や法務担当者にも確認を取ったという[40]
  3. ^ バラいろダンディ』アシスタントの阿部哲子は10月5日のテレビ放映の1時間前に長谷川の降板を知らされていたといい[14]、番組において仲間を失う寂しさを覗かせた[14]
  4. ^ ファイナンシャル・プランナーの中嶋ひろふみ。ウェブメディア「シェアーズカフェ・オンライン」の編集長でもあり、2016年10月2日に「元フジテレビアナウンサー・長谷川豊氏の炎上と番組降板を招いた3つの勘違い」というブログ記事を公開した[70]
  5. ^ これは本来オリジナルバージョンの司会者、須田鷹雄が夏競馬開催期間は北海道文化放送(UHB)製作『ドラマチック競馬』で司会をしていたため[要出典]
  6. ^ 2013年8月28日[39]・2014年3月31日は町亞聖の代理MCも務めた[要出典]
  7. ^ 当初は月曜 - 水曜を担当[41]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 出演者 水曜日 MC 長谷川 豊(ダンディアナウンサー)”. ニッポンダンディ. 東京メトロポリタンテレビジョン. 2020年7月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e 【連載】元フジテレビアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」”. 東スポWeb’’. (2013年9月23日) 2020年7月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e “元フジ長谷川アナMXでメーンキャスター”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年3月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140313-1269407.html 2019年5月23日閲覧。 
  4. ^ a b c 本人の公式サイト・プロフィール”. 2015年2月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月3日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 長谷川豊(はせがわゆたか)”. 講師派遣・講演依頼はおまかせ!エスエンタープライズ. 株式会社エスエンタープライズ. 2020年7月13日閲覧。
  6. ^ a b 長谷川豊アナ、警察に被害届提出とブログで明かす「何が何でも見つけて、法の下に裁きを受けて頂きます」(1/2ページ)”. 産経ニュース. (2016年10月18日) 2020年7月16日閲覧。
  7. ^ a b c d メディアを疑え!株式会社OFFICE HASEGAWA 長谷川豊氏(元フジテレビアナウンサー)に聞いた「誰も教えてくれないメディアとの向き合い方」”. よろこば. (2019年7月18日) 2020年7月11日閲覧。
  8. ^ a b c 《 新型コロナ騒動の裏の裏の話 6.23 》企業広報が絶対に聞いておくべきニュースメディアの取り上げられ方(講師:元フジテレビアナウンサー 長谷川豊氏)”. (2020年6月2日) 2020年7月12日閲覧。
  9. ^ a b c 長谷川豊アナ 競馬実況でも活躍 同期は内田恭子&大橋マキ”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2012年6月13日) 2020年7月14日閲覧。
  10. ^ a b 長谷川 豊 ~伝わるように伝える~ 自分自身がひとつのメディアとして存在できる時代 フリーアナウンサー 【無料特別トークショーMC】3/11(土)13:00~14:00日程”. 出演者情報. 癒しフェア大阪2017. 2020年7月12日閲覧。
  11. ^ a b c 【特別企画】長谷川豊が選ぶ! 『ベスト・オブ・宝塚記念』は?”. netkeiba.com. (2015年6月23日) 2020年7月17日閲覧。
  12. ^ a b c d e 自著で大暴走! 元フジテレビ長谷川アナの“懲りない男”ぶりがスゴい!”. ダ・ヴィンチ (2013年9月10日) 2020年7月12日閲覧。
  13. ^ a b c “【長谷川豊アナ連載3】アナウンス技術に難があった内田恭子ちゃん”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2013年9月27日). https://www.tokyo-sports.co.jp/special/187676/ 2019年5月23日閲覧。 
  14. ^ a b c d e f g 長谷川豊、MX『バラいろダンディ』も降板 - 阿部アナ「バカヤロー!」”. マイナビニュース (2016年10月5日) 2020年7月13日閲覧。
  15. ^ a b c d e f 長谷川豊、全腎協に謝罪へ - "断固拒否"から一転「中傷誘う可能性あった」”. マイナビニュース (2016年10月5日). 2020年7月17日閲覧。
  16. ^ a b c d e “長谷川豊氏「心から感謝」東久邇宮文化褒章を受賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年11月1日). オリジナルの2018年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181101144953/https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811010000637.html 2019年5月23日閲覧。 
  17. ^ a b c d e f 細田マサシ (2015年3月29日). “短期集中連載 昼めしで半生反省 第6回 長谷川豊「フジテレビを辞めてマグロ漁船に乗るつもりでした」”. FRIDAYデジタル (講談社). オリジナルの2016年10月4日時点におけるアーカイブ。. http://archive.fo/cRWnH 2019年5月23日閲覧。 
  18. ^ 沿革”. 学園案内. 日生学園附属中学校・第一高等学校. 2015年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月16日閲覧。
  19. ^ 百瀬崇 (2014年3月14日). “【日生学園】iPhoneが変える学園生活――生徒が自主的に利用ルールを決め、学校行事や部活動で大活躍”. ’’businessnetwork.jp. 2020年7月13日閲覧。
  20. ^ a b c 【長谷川豊】「努力は人を裏切る」”. excite news. (2015年12月6日) 2020年7月14日閲覧。
  21. ^ a b c 勉強会@三茶 講師:長谷川豊さん(元フジテレビアナウンサー)”. 告知's. 2020年7月11日閲覧。
  22. ^ 産業社会学部の歴史”. 産業社会学部 > 学部紹介. 立命館大学. 2020年7月14日閲覧。
  23. ^ a b c d 長谷川豊(はせがわゆたか)”. 講演会biz. 2020年7月14日閲覧。
  24. ^ a b c d RBC立命館大学放送局 OB・OG会が総会・懇親会を開催” 立命館大学校友会. (2014年11月18日) 2020年7月13日閲覧。
  25. ^ 過酷な局アナの実態?人気アナ出演一極集中の弊害、自腹高額出費、守ってくれない会社…”. ビジネスジャーナル. サイゾー. (2013年10月14日) 2020年7月11日閲覧。
  26. ^ 【長谷川豊アナ連載2】一般企業では考えられないテレビ局の入社試験”. 東スポ. (2013年9月26日) 2020年7月12日閲覧。
  27. ^ a b “【長谷川豊アナ連載2】一般企業では考えられないテレビ局の入社試験”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2013年9月26日). https://www.tokyo-sports.co.jp/special/187650/2/ 2019年5月23日閲覧。 
  28. ^ a b c d “長谷川豊 フジ退社後初のニュースキャスター!“毒舌”が決め手”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年11月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/03/kiji/K20141103009219940.html 2019年5月23日閲覧。 
  29. ^ a b c d e f 長谷川豊アナ、フリー後初の仕事は生贄アナ「"とくダネ"を伝えていけたら」”. マイナビニュース. (2013年5月25日) 2020年7月13日閲覧。
  30. ^ a b c 高橋克明 (2010年10月2日). “「ガチ!」BOUT.79 NY着任での決意と夢 日本人ならではの感性で伝えたい”. ニューヨークビズ. 2020年7月17日閲覧。
  31. ^ a b 日刊サイゾー (2012年6月15日). “「過去にはセクハラ連発も……」また不祥事のフジテレビ長谷川豊アナ“島流し”先のNY支局で……”. excite ニュース. 2020年7月14日閲覧。
  32. ^ a b c d e f g 長谷川豊元アナがフジ退職へ 一身上の都合”. ORICON NEWS. (2013年3月27日) 2020年7月14日閲覧。
  33. ^ 長谷川豊 (2017年1月31日). “私の見たオバマ大統領と「口だけの政治家」の姿”. 先憂後楽. 政くらべ. 2020年7月12日閲覧。
  34. ^ 「情報プレゼンター とくダネ!」 2011年7月8日(金)放送内容”. テレビ紹介情報. 価格.com. 2020年7月14日閲覧。
  35. ^ a b “フジテレビ、長谷川アナを処分 NY滞在関連費用を不正使用”. 47NEWS. 共同通信社. (2012年6月13日). オリジナルの2012年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120615173644/http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012061201002507.html 2019年5月23日閲覧。 
  36. ^ a b “費用の不正使用 フジ長谷川アナ降格処分”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年6月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120613-966459.html 2019年5月23日閲覧。 
  37. ^ a b c d 絶景じゃないと受けられない授業~アナウンサーの真実~”. アグレッシブですけど何か?!. 広島ホームテレビ. (2014年2月5日) 2020年7月11日閲覧。
  38. ^ 磯部正和 (2013年7月14日). “元フジテレビアナ・長谷川豊、退社後初の公の場で意味深発言!”. シネマトゥデイ. 2020年7月11日閲覧。
  39. ^ a b 元フジ長谷川アナ「久々のテレビ出演。メイク道具忘れて『女性用ファンデーション』買った」”. livedoor news. (2013年8月29日) 2020年7月14日閲覧。
  40. ^ a b c d e f g h (3ページ目) 過酷な局アナの実態〜人気アナ出演一極集中の弊害、自腹高額出費、守ってくれない会社…”. ビジネスジャーナル. サイゾー. (2013年10月14日) 2020年7月13日閲覧。
  41. ^ a b c TOKYO MX『ニッポン・ダンディ』がリニューアル 新番組MCに長谷川豊起用”. Drama&Movie. oricon news. (2014年3月14日) 2020年7月14日閲覧。
  42. ^ a b 長谷川豊、テレビ大阪でメーンキャスター”. 日刊スポーツ. (2015年1月26日) 2020年7月14日閲覧。
  43. ^ a b “私がブログに「殺せ」と書いた理由 長谷川豊さんに聞く”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). (2017年1月7日). http://www.asahi.com/articles/ASK156RGVK15UCVL02K.html 2017年1月7日閲覧。 
  44. ^ a b c d ブログに無念の心境綴る「ネットの文言で降板するとは思いもしなかった…」(1/2ページ)”. 産経ニュース. 産経新聞社. (2016年9月30日) 2020年7月17日閲覧。“ブログに無念の心境綴る「ネットの文言で降板するとは思いもしなかった…」(2/2ページ)”. 産経ニュース. 産経新聞社. (2016年9月30日) 2020年7月17日閲覧。
  45. ^ a b c 読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」も降板 ブログ「人工透析患者に実費負担させよ」に批判殺到 「大切な仕事、最後に迷惑かけ…」(1/2ページ)”. 産経WEST. 産経新聞社. (2016年10月1日) 2020年7月14日閲覧。
  46. ^ a b c 読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」も降板 ブログ「人工透析患者に実費負担させよ」に批判殺到 「大切な仕事、最後に迷惑かけ…」(2/2ページ)”. 産経WEST. 産経新聞社. (2016年10月1日) 2020年7月14日閲覧。
  47. ^ a b 長谷川豊アナ テレビ大阪「ニュースリアル」降板に無念も謝罪”. 東スポWeb. (2016年9月29日) 2020年7月13日閲覧。
  48. ^ ニュースりりーす サンリオ×鷹の爪のDLE 、異色のタッグでお送りする、新感覚・討論アニメ「ぺぺぺぺン議員」テレビ大阪にて10 月2日(日)よりショートアニメ放送決”(PDF). サンリオ. (2016年10月4日訂正版) 2020年7月11日閲覧。
  49. ^ a b 中村潤一 (2016年6月29日). “長谷川豊さん講演同行「"伝わる"ように"伝える"方法とは?」 ”. 講師依頼.comスタッフブログ. 2020年7月14日閲覧。
  50. ^ 長谷川豊氏敗れる 元フジテレビアナウンサー 千葉1区”. 朝日新聞デジタル. (2017年10月22日) 2020年7月17日閲覧。
  51. ^ “元フジアナの長谷川豊氏、次期衆院選出馬へ 維新公認候補で千葉1区 6日に出馬会見”. 産経ニュース (産経デジタル). (2017年2月5日). https://www.sankei.com/politics/news/170205/plt1702050019-n1.html 2019年5月23日閲覧。 
  52. ^ 2017衆院選 開票結果 小選挙区 千葉1区”. NHK選挙WEB. 日本放送協会. 2020年7月6日閲覧。
  53. ^ “維新、4人を参院選2次公認”. 産経ニュース (産経デジタル). (2019年1月22日). https://www.sankei.com/politics/news/190122/plt1901220022-n1.html 2019年2月7日閲覧。 
  54. ^ 共同通信. (2019年5月23日) “維新、長谷川氏の参院選公認停止 差別発言受け”. 日本経済新聞. 2020年7月11日閲覧。
  55. ^ “長谷川豊氏、参院選の公認辞退を申し出 差別発言問題で”. 朝日新聞. (2019年6月10日). https://www.asahi.com/articles/ASM6B5FX3M6BPTIL01Q.html 2019年6月10日閲覧。 
  56. ^ 【長谷川豊アナ連載・最終回】許せない!両親と家族傷つけたフジの一部の人間”. 東スポWeb. 2020年7月13日閲覧。
  57. ^ 競馬王 9月号 発売日 2017年8月8日(火)”. 競馬王 Backnumber. ガイドワークス. 2020年7月14日閲覧。
  58. ^ 競馬王 2014年11月号発売日 2014年10月8日(水)”. 競馬王 Backnumber. ガイドワークス. 2020年7月14日閲覧。
  59. ^ 【長谷川豊】橋本聖子さんのキス騒動、どう思う?”. ウォッチ - 教えて!goo. 2020年7月22日閲覧。
  60. ^ 【長谷川豊】配偶者控除の廃止検討というニュースを分かりやすく”. 教えて!goo. 2020年7月22日閲覧。
  61. ^ 長谷川豊 - ウォッチ”. ウォッチ - 教えて!goo. 2020年7月22日閲覧。
  62. ^ 執筆者『フリーアナウンサー』長谷川豊”. 2020年7月13日閲覧。
  63. ^ 実話BUNKAタブー:2017年4月号”. コアマガジンWeb. 2020年7月16日閲覧。
  64. ^ 実話BUNKAタブー:2019年9月号”. コアマガジンWeb. 2020年7月16日閲覧。
  65. ^ 林英樹 (2016年10月12日). “渦中の長谷川豊アナ、「『退場』を受け入れる」”. 日経ビジネス. 2020年7月13日閲覧。
  66. ^ BLOGOS編集部 (2016年9月22日). “9月19日に掲載(転載)した長谷川豊氏の記事についてのお知らせとお詫び”. BLOGOS. 2020年7月13日閲覧。
  67. ^ 長谷川 豊 ブログ 一覧”. 選挙ドットコム. イチニ株式会社. 2020年7月14日閲覧。
  68. ^ 元フジ・長谷川豊アナ、ブログ開設 経費の不正使用疑惑について「僕が一体何をしたのか?」”. J-castニュース (2013年4月5日). 2020年7月17日閲覧。
  69. ^ “「人工透析患者は死ね」の長谷川豊だけじゃない、麻生、曽野ら“自己責任厨”が叫ぶ「医療費亡国論」はインチキだ 1ページ2ページ”. LITERA (2016年9月21日) 2020年11月28日閲覧。
  70. ^ a b c 「PV来ることに気持ちよくなっていた」長谷川豊、「ブログジャンキー」指摘に「納得」”. J-Castニュース. (2016年10月09日) 2020年7月14日閲覧。
  71. ^ 長谷川豊アナ、警察に被害届提出とブログで明かす「何が何でも見つけて、法の下に裁きを受けて頂きます」(2/2ページ)”. 産経ニュース. (2016年10月18日) 2020年7月11日閲覧。
  72. ^ “元フジアナの長谷川豊氏、次期衆院選出馬へ 維新公認候補で千葉1区 6日に出馬会見”. 産経ニュース (産経デジタル). (2017年2月5日). https://www.sankei.com/politics/news/170205/plt1702050019-n1.html 2019年5月23日閲覧。 
  73. ^ 2017衆院選 開票結果 小選挙区 千葉1区”. NHK選挙WEB. 日本放送協会. 2020年7月6日閲覧。
  74. ^ a b c d 第48回衆院選 維新 千葉1区 長谷川豊”. 毎日新聞. 2020年7月7日閲覧。
  75. ^ “維新、4人を参院選2次公認”. 産経ニュース (産経デジタル). (2019年1月22日). https://www.sankei.com/politics/news/190122/plt1901220022-n1.html 2019年2月7日閲覧。 
  76. ^ “維新、長谷川氏の参院選公認停止 差別発言受け”. 日本経済新聞. 共同通信 (日本経済新聞社). (2019年5月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45178670T20C19A5CC1000/ 2019年5月23日閲覧。 
  77. ^ “長谷川豊氏、参院選の公認辞退を申し出 差別発言問題で”. 朝日新聞. (2019年6月10日). https://www.asahi.com/articles/ASM6B5FX3M6BPTIL01Q.html 2019年6月10日閲覧。 
  78. ^ FCIモーニングEye”. 報道・情報番組. Fuji Sankei International Inc.. 2011年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月14日閲覧。
  79. ^ 日刊サイゾー (2014年11月10日). “元フジテレビ長谷川豊、ローカル報道キャスター成功すれば“ミヤネ軍団”入りも!?”. excite ニュース. 2020年7月14日閲覧。
  80. ^ 飾りじゃないのよ!選挙は~一票の心理学II~2014年12月14日 深夜1:06~2:06”. テレビ大阪. 2020年7月14日閲覧。
  81. ^ エイチーム (2013年11月18日). “ニコニコ生放送で競馬クイズ番組『クイズダービーインパクト』放送決定! 事前に優勝チーム予想をして、豪華報酬を獲得しよう!”. PRTIMES. 2020年7月14日閲覧。
  82. ^ アキラ100%がスーツ姿で“疑惑”釈明”. お笑いナタリー. (2017年5月23日) 2020年7月14日閲覧。

(過去のブログ)

(関連動画)