長谷川貞之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長谷川 貞之(はせがわ さだゆき、1958年 - )は、日本の法学者弁護士日本大学法学部教授。専攻は民法信託法

略歴[編集]

1958年1月に鳥取県で生まれる。1981年に学習院大学法学部を卒業する。在学時は遠藤浩の指導を受けた。1985年に慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程を修了後、1988年に同大学院博士課程を単位取得により満期退学した。同年に新設された駿河台大学法学部の専任講師となる。1991年に法学部助教授、1997年に教授に就任した。2003年に獨協大学法学部教授、2004年に同大学大学院法務研究科教授を歴任する。その後、2007年から日本大学法学部教授を務める。

諸活動[編集]

日本私法学会、比較法学会、日米法学会、信託法学会などの会員として研究活動する。1992年に学位論文『過失相殺の理論史的系譜「被害者の過失」理論』で慶應義塾大学にて法学博士を授与された。ペット法に関する研究にも取り組んでいる。2006年には第二東京弁護士会に弁護士登録しており実務にも携わる。2011年より日本私法学会理事。

著書[編集]

  • 『民法改正案の検討Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』(共著、成文堂、2013年[分担執筆])
  • 『強行法・任意法でみる民法』(共著、日本評論社、2013年[分担執筆])
  • 『担保権信託の法理』(単著、勁草書房、2012年)
  • 『メディアによる名誉毀損と損害賠償』(共編、三協法規出版、2012年)
  • 『要論民法総則』(共著、1990年/改訂版、2001年)
  • 『要論物権法』(共著、青林書院、1992年)
  • 『要論債権総論』(共著、青林書院、1993年)
  • 『法的思考のパラダイム』(単著、青山社、1998年)
  • 『要論債権各論』(共著、青林書院、1999年)

参考文献[編集]