長谷景治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長谷 景治 Swimming pictogram white.svg
Keiji Hase 01.jpg
1956年頃撮影
国籍 日本の旗 日本
泳法 背泳ぎ
生年月日 (1925-07-03) 1925年7月3日(94歳)
 
獲得メダル
アジア競技大会
1954 マニラ 100m背泳ぎ
1958 東京 100m背泳ぎ
テンプレートを表示

長谷 景治(はせ けいじ、1935年7月3日- )は日本競泳選手。早稲田大学出身[1]。日本マスターズ水泳協会の副会長を務めている[2]

経歴[編集]

早稲田大学在学中の1956年のメルボルンオリンピックの100m背泳ぎに出場[3]、準決勝で敗退した[4]

1954年、1958年のアジア競技大会の100m背泳ぎでともに金メダルを獲得している。

1954年9月17日、田中守・長沢二郎・谷あつし[5]との400mメドレーリレーで4分17秒2の世界新記録、1955年8月13日、古川勝石本隆古賀学との400mメドレーリレーで4分15秒7の世界新記録をつくり、1954年度、1955年度の朝日スポーツ賞に選ばれている[6]

日本選手権水泳競技大会の100m背泳ぎで1954年から1957年、1959年に優勝[1]、200m背泳ぎで1955年、1956年に優勝している[7]

2000年には木原光知子が大会委員長を務める「ウーマンズ・スイム・フェスティバル2000」の大会副委員長を務めた[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 歴代日本背主権獲得者 男子 100m 背泳ぎ”. 日本水泳連盟 (2012年). 2012年7月28日閲覧。
  2. ^ 協会案内”. 日本マスターズ水泳協会. 2012年7月28日閲覧。
  3. ^ 中澤篤史. “オリンピック日本代表選手団における学生選手に関する資料検討 (PDF)”. 一橋大学大学教育研究開発センター. p. 7. 2012年7月30日閲覧。
  4. ^ Biography and Olympic Results”. sports-reference.com. 2012年7月28日閲覧。
  5. ^ あつしは「ごんべんに乃」)
  6. ^ 朝日スポーツ賞朝日スポーツ賞(1974~1929年度)”. 朝日新聞. 2012年7月28日閲覧。
  7. ^ 歴代日本選手権獲得者 男子 200m 背泳ぎ”. 日本水泳連盟 (2012年). 2012年7月28日閲覧。
  8. ^ ウーマンズ・スイム・フェスティバル2000実行委員名簿”. 木原光知子オフィシャルサイト. 2012年7月28日閲覧。

関連項目[編集]