長谷部八朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長谷部 八朗(はせべ はちろう、1950年7月7日 - )は、日本仏教学者駒澤大学仏教学部教授。

略歴[編集]

埼玉県出身。1974年慶應義塾大学商学部卒業。1982年3月駒澤大学大学院人文科学研究科博士課程社会学専攻満期退学。

1996年駒澤大学仏教学部助教授に就任。2002年同教授。2017年より駒澤大学学長を務める[1]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『祈祷儀礼の世界 カミとホトケの民俗誌』(名著出版, 1992年)

編著[編集]

  • 『「講」研究の可能性』単編著(慶友社, 2013年)
  • 『「講」研究の可能性II』単編著(慶友社, 2014年)
  • 『「講」研究の可能性III』単編著(慶友社, 2016年)
  • 『般若院英泉の思想と行動 秋田「内館文庫」資料にみる近世修験の世界』共編著(岩田書院, 2014年)

脚注[編集]

先代:
廣瀬良弘
駒澤大学長
2017年-
次代:
(現職)