長谷部恕連

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷部恕連

長谷部 恕連(はせべ よしつら、1818年3月10日(文化15年2月4日)- 1873年明治6年)11月17日[1])は、幕末福井藩士明治初期の政治家笠松県知事岐阜県令。旧姓・加賀。幼名・貞吉。通称・吉之助、甚平。号・南村、菊陰[2]

経歴[編集]

越前国足羽郡福井(現福井県福井市)で、福井藩士・加賀成守の三男として生まれ、長谷部宜連の養子となる[2]

福井藩では、目付役、勝手奉行、寺社奉行、町奉行、郡奉行などを歴任。財政に詳しく、横井小楠の影響を受け開国を唱えた[2]文久3年(1863年)、過激な尊王開国論を唱えたため蟄居となり隠居した[1]

明治維新後、慶応4年5月19日1868年7月8日)、笠松県知事に登用された。同年6月28日(8月16日)、知事を辞したが、 同年8月20日(9月20日)に権知事に就任し、明治3年10月9日1870年11月2日)、知事に昇格。明治4年11月22日1872年1月2日)、笠松県が岐阜県に統合され、初代の岐阜県令に就任した。県内の行政区画の設置、取締局(警察)の設置、県庁の笠松から岐阜への移転、小学校などの設立、全国に先駆けて遊郭の廃止を行うなど、県政の基礎作りに尽力。1873年11月、在任中に死去した[3]

逸話[編集]

  • 岐阜県民から親しみを込めて「あごひげ県令」と呼ばれていた[3]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『幕末維新大人名事典』下巻、297頁。
  2. ^ a b c 「長谷部甚平」『明治維新人名辞典』782-783頁。
  3. ^ a b 『新編日本の歴代知事』536頁。
  4. ^ 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年、91頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』下巻、新人物往来社、2010年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 大植四郎編『明治過去帳』新訂初版、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。