長谷長次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
長谷長次

長谷 長次(はせ ちょうじ、1903年明治36年)8月23日[1] - 1977年昭和52年)12月5日[2])は、日本の政治家衆議院議員(1期)。弁護士

経歴[編集]

石川県出身。1926年東京高等工業学校電気化学科卒。司法官試補となり、検察官となる。1937年第20回衆議院議員総選挙石川1区から立候補して当選する。1942年の総選挙(いわゆる翼賛選挙)では非推薦で立候補して落選した。戦後の1947年の第1回北海道知事選挙(1947年北海道庁長官選挙)で無所属で立候補したが落選した。1952年第25回衆議院議員総選挙で石川1区から再び立候補して落選。その後は千葉県に移り、同地から国政選挙に何度も立候補したが落選続きだった。1977年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第七十一回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1937年(昭和12年)、22頁。
  2. ^ 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』503頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。