長野工業専門学校 (旧制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長野工業専門学校
(長野工専)
創立 1943年
所在地 長野市
初代校長 下村市郎
廃止 1951年
後身校 信州大学
同窓会 信州大学工学部同窓会
(若里会)

長野工業専門学校 (ながのこうぎょうせんもんがっこう) は、1943年昭和18年) に設立された官立の旧制専門学校。創立時の名称は 「長野高等工業学校」 (長野高工)。

概要[編集]

  • 第二次世界大戦下における工業技術者確保のために第25の官立高等工業学校として設立された。
  • 創立時は本科 (修業年限3年) に機械科・精密機械科・航空工学科・電気科・通信工学科の 5科を設置した。
  • 第二次世界大戦中に長野工業専門学校と改称された。
  • 学制改革で新制信州大学工学部の母体となった。
  • 同窓会は 「信州大学工学部同窓会」 と称し、旧制・新制合同の会である。また、関連団体として 「財団法人 信州大学工学部若里会」 が設立されている。

沿革[編集]

前史[編集]

日中戦争下の1939年、官立高等工業学校の増設計画が明らかになると、各地で激しい誘致運動が起こった。長野県下では長野市が最初に運動を開始し、次いで松本市岡谷市も名乗りを上げ、三つ巴の争いとなった。しかし同年3月31日、設置地は 7箇所 (室蘭盛岡多賀大阪新居浜宇部久留米) と決定し、長野県は敗退した。

しかし、長野県下への官立高工設置を望む声は根強く、1940年12月に長野県議会が高工設置意見書を可決、次いで1941年5月には長野電気株式会社 (電力会社。戦時の電力国家管理により事業終了) が 100万円の寄附を申し出た。長野県も現物寄附として、長野市若里にあった長野県工業試験場などを寄附する方針を固め、1942年6月に高工設置要望書・設備計画書を文部省に提出した。これにより、長野市への官立高工設置が決定された。

長野高等工業学校時代[編集]

  • 1943年3月30日: 勅令第249号文部省直轄諸学校官制改正により、長野高等工業学校設置。
  • 1943年4月5日: 長野高等工業学校規程を公布 (文部省令第42号)。
    • 本科 (修業年限3年) に機械科・精密機械科・航空工学科・電気科・通信工学科の 5科を設置。
  • 1943年5月10日: 第1回入学式 (仮校舎の長野工業学校講堂)。

長野工業専門学校時代[編集]

  • 1944年4月1日: 長野工業専門学校と改称。
    • 設置学科: 機械科・航空機科・電気科・電気通信科。
    • 同日、長野県工業試験場の土地・建物が移管され、長野工専校舎となった。
  • 1945年9月: 第1回卒業 (1943年入学者)。
  • 1945年12月20日: GHQ/SCAP命令で航空機科廃止 (文部省令第22号)。
    • 航空機科在学者は機械科に編入。
  • 1946年2月: 第1校舎 (1945年3月新築)、焼失。
  • 1946年3月: 文部省より新入生募集延期が通知され、廃校の危機に。
  • 1946年4月: 第二機械科 (内部措置で、実質的には土木科)、機械科精密機械分科を設置。
    • 第二機械科には旧航空機科在学者を収容。
    • 同月、工専存続デモ、工専廃止反対県民大会開催。
  • 1946年5月: 新入生募集延期が解除される。
  • 1946年10月: 第2校舎竣工。
  • 1946年12月: 同窓会設立。
  • 1947年2月: 附属機関として民生科学研究所を設立。
  • 1947年4月: 大学昇格運動開始。
  • 1948年3月: 第二機械科廃止。
  • 1948年4月: 第1回長野県高専校長会議開催。信州大学設置委員会設立。
    • 文部省方針により、県内高専合同での総合大学設立案に転換。
  • 1948年7月: 土木科を増設。
    • 同月、文部省に信州大学設置認可を申請。
  • 1949年5月31日: 新制信州大学発足。
    • 旧制長野工専は、工学部 (機械工学科・電気工学科・通信工学科・土木工学科) の母体として包括された。
  • 1951年3月: 旧制長野工業専門学校、廃止。

歴代校長[編集]

  • 初代: 下村市郎 (1943年4月1日[1] - 1946年2月23日死去)
  • 校長事務取扱: 高津巌 (1946年2月 - 1946年5月31日[2]
  • 第2代: 白井武 (1946年5月 - 1948年8月)
  • 第3代: 結城朝恭 (1948年8月 - 1951年3月)

著名な出身者[編集]

校地[編集]

創立当初は、長野県長野工業学校 (現・長野県長野工業高等学校) の校舎に間借りした。1944年4月、長野県工業試験場 (長野市若里500番地) の土地・建物が国に移管され、長野工専校舎となった (工業試験場は若里188番地に移転した。現・長野県工業技術総合センター)。同校地は後身の信州大学工学部に継承され、現在に至っている。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4865号、昭和18年4月2日。
  2. ^ 『官報』第5869号、昭和21年8月7日。

関連書籍[編集]

  • 作道好男・作道克彦(編) 『大学の歴史 : 信州大学工学部』 教育文化出版教育科学研究所、1982年6月。

関連項目[編集]