長野市営陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長野市営長野運動公園総合運動場陸上競技場
"長野市営陸上競技場"
Nagano rikujo kyogijo 3.JPG
施設情報
所在地 長野県長野市吉田五丁目1番14号
位置 北緯36度39分31.14秒 東経138度14分0.44秒 / 北緯36.6586500度 東経138.2334556度 / 36.6586500; 138.2334556座標: 北緯36度39分31.14秒 東経138度14分0.44秒 / 北緯36.6586500度 東経138.2334556度 / 36.6586500; 138.2334556
開場 1976年昭和51年)4月24日
所有者 長野市
運用者 シンコースポーツ(株)(指定管理者
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 106m×70m
使用チーム、大会
収容能力
メイン5,200名、芝生12,000名
アクセス
当該項目参照

長野市営長野運動公園総合運動場陸上競技場(ながのしえい ながのうんどうこうえんそうごううんどうじょう りくじょうきょうぎじょう)は、長野県長野市長野運動公園総合運動場にある陸上競技場。球技場としても使用されている。

施設は長野市が所有し、シンコースポーツ(株)が指定管理者として運営管理を行っている。

施設概要[編集]

  • 日本陸上競技連盟第2種公認
  • トラック:400m×9レーン
  • フィールド:天然芝
  • 収容人員:17,200人(座席5,200人)※J3リーグ公式サイトでは、17,350人収容と記載

陸上競技[編集]

2012年より日本陸上競技選手権大会混成競技の会場として使用されている。

サッカー公式戦[編集]

長野市や近隣の須坂市富士通の工場があった関係で、過去に川崎フロンターレのホームゲームが数試合行われたが(Jリーグディビジョン2で1999年と2001年の2度)、座席数や照明設備などがJリーグの定める試合開催要件(J2以上)を満たしていないため、2002年2013年の間はJリーグの試合は行われなかった。

長野市をホームタウンとしているAC長野パルセイロ南長野運動公園総合球技場で試合を開催しており、JFL時代は当競技場での試合は行われなかった。

2014年シーズンのJ3リーグでは、南長野の改修工事のため、パルセイロは佐久総合運動公園陸上競技場をホームスタジアムとして使用するが、当競技場でも10節、19節、21節、23節、32節、33節のリーグ戦6試合と、J2・J3入れ替え戦の1試合が開催された。最多入場者数は第10節J-22選抜戦の8,011人、入れ替え戦を含めると入れ替え戦カマタマーレ讃岐戦の8,944人。これはそれぞれAC長野の2014年シーズンまでの歴代最多入場者数である。

ギャラリー[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]