長野県小諸高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
長野県小諸高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 長野県の旗 長野県
設立年月日 1906年4月
(町立小諸商工学校)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
音楽科
高校コード 20135K
所在地 384-0801
長野県小諸市甲大畑4081の4

北緯36度19分47.5秒 東経138度26分37.0秒 / 北緯36.329861度 東経138.443611度 / 36.329861; 138.443611座標: 北緯36度19分47.5秒 東経138度26分37.0秒 / 北緯36.329861度 東経138.443611度 / 36.329861; 138.443611
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
長野県小諸高等学校の位置(長野県内)
長野県小諸高等学校

長野県小諸高等学校(ながのけん こもろこうとうがっこう)は、長野県小諸市甲大畑にある公立高等学校である。

略称は「こもこう」、一部の生徒達の間では「諸高」(もろこう・しょこう)とも。文化祭は「野岸祭」という。

沿革[編集]

  • 1906年4月1日 - 小諸町立小諸商工学校として開校。商業部、女子技芸部を設置。校舎は同年に閉校した小諸義塾の建物を引き継いだ。
  • 1911年4月1日 - 北佐久郡に移管し、北佐久郡立小諸商工学校と改称。
  • 1919年3月18日 - 小諸町立小諸実科高等女学校が開校。
  • 1922年3月18日 - 小諸町立小諸実科高等女学校が小諸町立小諸高等女学校と改称。
  • 1926年3月27日 - 小諸高等女学校が長野県に移管し、長野県小諸高等女学校と改称。
  • 1948年4月5日 - 学制改革により、長野県小諸高等女学校が長野県小諸高等学校となる。男女共学。
  • 1957年4月1日 - 女子校となる。
  • 1974年4月1日 - 男女共学再開。
  • 1985年10月31日 - 新校舎へ移転。
  • 1995年4月1日 - 音楽科を開設。
  • 2005年4月1日 - 制服が自由化される。
  • 2007年4月18日 - 台湾台南市の國立台南女子高級中學との交流会が開かれる。
  • 2015年4月18日 - 創立110周年及び音楽科開設20周年記念式典挙行

教育目標[編集]

  • 民主的な社会の進展に貢献できる全人的な人間の育成を目指す。このため学校生活を通して、心身を鍛え、判断力と情操を養い、個性的で創造性豊かな人間形成に努める。

学科[編集]

  • 普通科:3年4クラス、2年4クラス、1年4クラス(2020年現在)。日々の学習、クラブ活動のほか、友との語らいや野岸祭(文化祭)をはじめとする様々な行事がある。
  • 音楽科:各学年1クラス。長野県唯一の音楽科である。音楽棟にはフルコンサートピアノ(スタインウェイD-274)1台、練習室のピアノ26台を含め、グランドピアノが48台配備されている。また60人規模のオーケストラ編成に必要な楽器をすべて網羅して配備。その他、ビデオ・LD等の視聴覚機材、レコーディングのためのプロ用機器も音楽ホール・スタジオ等を中心に付設されている。

校章[編集]

校歌・応援歌[編集]

  • 校歌
    • 作詞は龍野咲人、作曲は合唱曲「月光とピエロ」などで有名な清水脩による。

最寄駅[編集]

著名な卒業生[編集]

  • 内藤重人 - 読売巨人軍トレーニングコーチ
  • 碓田拓磨 - 早稲田大学保健体育科目「姿勢と健康」講師[1] 
  • 小山弦太郎 - サクソフォーン奏者
  • 池内侑里 - 女子バスケットボール選手
  • 藤澤涼架 - キーボーディスト、Mrs. GREEN APPLEのメンバー

関連項目[編集]

脚注[編集]