長野県松本県ヶ丘高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長野県松本県ヶ丘高等学校
松本県ヶ丘高等学校
過去の名称 長野県松本第二中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 長野県の旗 長野県
学区 第4学区
校訓 質実剛健であれ
大道を闊歩せよ
弱音を吐くな
設立年月日 1923年
(長野県松本第二中学校)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
英語科
高校コード 20173B
所在地 390-8543
長野県松本市県二丁目1番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
長野県松本県ヶ丘高等学校の位置(長野県内)
長野県松本県ヶ丘高等学校

長野県松本県ヶ丘高等学校(ながのけんまつもとあがたがおかこうとうがっこう)は、長野県松本市県二丁目にある公立高等学校

概要[編集]

1923年(大正12年)4月17日 長野県松本第二中学校として開校される。1948年(昭和23年)4月1日 学制改革により、長野県松本第二中学校が長野県松本県ヶ丘高等学校に改称された。校名の県ヶ丘(あがたがおか)は、所在地である(あがた)に由来している。1994年(平成6年)4月1日 英語科(1学級 定員40名)が設置され、普通科(7学級 定員280名)とともに2学科体制となる。

卒業生数は、創立90余年、旧制中学と新制高校とを合わせ2万7千名を越える[1]。 通称は「縣陵(けんりょう)」[2]文化祭は「縣陵祭」と称する[3]

特色

本校の特色の一つとして、母校「愛のリレー」[4]があげられる。母校愛のリレーは、高校卒業三十周年を記念して、母校に図書券・施設整備等を寄贈し、併せて当該年次の同窓生による記念講演等を行なう事業である。1980年(昭和55年)にスタートしたもので、当時、長野県議会議員だった高校二回卒(県二会)の有賀正(前同窓会長・第12代松本市長)発案 によるものである。新制高校の卒業生から毎年、リレーして行こうと言う発想で、以来、途絶えることなく毎年行われている。

1980年(昭和55年)の第1回「母校愛のリレー」では、東大名誉教授の山田尚勇が「情報科学からみた教育の未来像」[5]と題して講演会を行った。2013年(平成25年)創立90周年の第35回では、映画監督の山崎貴が「私たちの見た夕日、君たちと見たい夕日」[6]と題してトークショーを行っている。

校章[編集]

松本県ヶ丘高校校章

デザインは、旧職員井口良一によるもので、四つの頂点は、白雪を戴く峻烈な北アルプスや美ヶ原の連山をかたどる。 1923年(大正13年)開校の年に制定された。現在の校章は1948年(昭和23年)に改訂されたものである [7]

校歌・応援歌[編集]

「若き我等」歌詞


一、風が十字に荒ぶれ狂う 信濃の直中松本平
  此の地に身を置き 胸差し出だす
  若き我等は体も強し 若き我等は心も強し

二、西に聳ゆる北アルプスに 朝日の輝き夕日のにおい
  ふりさけ仰ぎて 光に生くる
  若き我等は希みも高し 若き我等は理想も高し

  • 覇権の剣 - (1965(昭和40)年頃製作。作者不詳。)
  • 縣陵祭記念歌
  • ラララ
  • 我等選手
  • 起て健男児
  • 健男児
  • 勝利の叫び
  • 信濃健児
  • 朝に仰ぐ
  • 天下の縣陵
  • 燃ゆる制覇

応援練習は、例年、入学して2週間目火曜日〜金曜日の4日間に実施される。入学してから最初の一週間は各クラスで朝(1時限前の30分ほど)応援練習の基本動作の練習が行われ、新入生の各クラスから1〜2人の応援委員が選出されて、一定期間の朝練習の後に放課後の新入生全体練習が校庭で行われる[9]

小説家の小嶋陽太郎[10]は、同窓会報の中で「非二十一世紀的伝統」と題し、伝統の応援練習についてこう記している。 「(前略)そして、その意味不明なオリエンテーションから数日後、地獄の応援練習を経て僕はようやく一人前の県陵生として認められたのでした。 この二十一世紀の世にあって、これほど非二十一世紀的な伝統が残っている高校、ほかにはなかなかないのではないでしょうか」 [11]

教育目標・遺勲[編集]

縣陵三大精神


「質実剛健であれ 大道を闊歩せよ 弱音を吐くな」[12]


開校当時の初代校長小松武平 (1877 - 1930)による。小松武平先生は、旧制上田中学校(現長野県上田高等学校)の第2代校長[13]、旧制諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)校長を経て、松本第二中学校(現松本県ヶ丘高等学校)の初代校長として赴任された。文字通り新しい学校つくりを目指しながらも現職のまま亡くなられ[14]、この「縣陵三大精神」を遺勲として遺している。

「縣陵三大精神」は、縣陵出身者であれば、誰でも唱えることのできるものとして今も脈々と受け継がれている。

1933年(昭和8年)12月22日、松本第二中創立十周年記念事業の一つとして、「小松先生碑」(西田幾多郎書)が除幕された。現在、県ヶ丘高校本館前庭に立っている[15]

1991年(平成3年)11月30日、生徒通用門正面に「三大精神」の碑(西川久壽男書)が建立され、旧制松本二中21回、高校1回卒業生らの手により除幕式が行われた [16]

沿革[編集]

長野県松本県ヶ丘高等学校 初代校長 小松先生碑(西田幾多郎書)
縣陵三大精神
松本県ヶ丘高校旧本館
伝統の縣陵応援練習風景
  • 1923年4月17日 - 長野県松本第二中学校として開校。初代校長小松武平
  • 1925年4月 - 校訓「三大精神」作られ、松本二中の教育方針となる
  • 1929年4月5日 - 校歌「若き我等」制定
  • 1933年9月26日 - 柔道部、全国中等学校柔道大会でベスト4
  • 1948年
    • 3月15日 - 長野県第二中学校通信教育部を設置
    • 4月1日 - 学制改革により、長野県松本第二中学校が長野県松本県ヶ丘高等学校に、長野県第二中学校通信教育部が長野県松本県ヶ丘高等学校通信教育部になる
  • 1950年
    • 8月24日 - 文化祭を「県陵祭」と改称
    • 10月15日 - 中日新聞社主催全国新聞コンクールで第2位
  • 1951年10月 - 朝日新聞社主催全国新聞コンクールで第3位
  • 1954年5月4日 - 第1回強歩大会実施(学校〜波田小学校24km)
  • 1962年4月1日 - 長野県松本県ヶ丘高校通信教育部が長野県松本県ケ丘高等学校通信制課程に改称
  • 1963年1月 - サッカー部、全国高等学校サッカー選手権でベスト8
  • 1966年1月 - サッカー部、全国高等学校総合体育大会で第3位
  • 1968年8月 - バスケットボール部、全国高等学校総合体育大会でベスト8
  • 1970年
    • 3月31日 - 長野県松本県ケ丘高等学校通信制課程を長野県松本筑摩高等学校に移管
    • 10月 - バスケットボール部、国民体育大会でベスト8
  • 1974年11月30日 - 深沢いさ子、全日本学生音楽コンクール「バイオリン」部門優勝
  • 1976年1月 - サッカー部、第55回全国高等学校サッカー選手権大会でベスト8
  • 1982年8月 - 陸上部清水美輝、全国総合体育大会において100mハードルで第1位
  • 1987年12月 - プレハブ校舎竣工、一部クラスのホームルーム教室として使われる
  • 1990年1月 - サッカー部、第68回全国高等学校サッカー選手権大会に13年ぶり8度目の出場
  • 1994年4月1日 - 英語科(1学級、定員40名)を設置
  • 2003年10月11日 - 創立80周年記念式典挙行
  • 2007年8月 - 山岳部、全国高等学校総合体育大会登山大会で6位入賞
  • 2011年12月 - インターナショナル部、全国高校生英語ディベート大会出場
  • 2013年
    • 4月20日 - 開校記念式典、卒業30周年記念母校「愛のリレー」開催
    • 7月13日 - 創立90周年記念式典挙行
    • 8月6日 - 山岳部、全国高等学校総合体育大会登山大会で準優勝
    • 12月 - インターナショナル部、全国高校生英語ディベート大会でベストサポーター賞を受賞
  • 2014年12月 - インターナショナル部、全国高校生英語ディベート大会で駿河国賞を受賞


旧制松本二中生美ヶ原遭難事故と小松武平校長

1929年(昭和4年)に旧制松本二中生美ヶ原遭難事故[17]が発生する。

学校行事である美ヶ原登山において生徒2名が遭難死した事故である。この登山では、本校からアクセスしやすい山城牧場から登り山城牧場へ戻る、というルートが計画されていた。だが、遭難した2人の生徒は美ヶ原山頂付近で他の生徒や教員と別れ、自宅のある浅間方面へ直接下る道へ入った。美ヶ原は小学生でも登山可能な山だが、時より目の前5m程しか見えなくなる激しい濃霧が発生することで有名だった。

2人はこの濃霧に巻かれ、道を見失う。夜になっても2人が戻らないことを心配した家族が学校に連絡、学校に救助本部がおかれるとともに、長野県警による捜索が開始された。しかしながら、数日後に武石峠近くの暗闇沢(現在の三才山トンネル付近)で2人の遺体が発見される。

この事故で、2人に引率教諭もつけずに単独行動を許した当時の教諭の責任が追及された。本校初代校長であり、当時校長の職にあった小松武平もバッシングを受け、そのストレスから体調を崩し、事故の翌年1930年(昭和5年)9月に没する。

美ヶ原にはこの2人の遭難慰霊碑がある。有名な登山家田部重治の登山記録には、この事故について「今や此所にこの指導標を見て、遭難の光景まざまざと眼前にあらわれるかの如き感を抱いた。」と書き残している[18]

旧制松本第二中学の第一期生でもある元東京地裁判事の樋口和博は、「小松先生は学校の行事の美ヶ原登山で教え子が遭難したとき、吾が子を失った以上の哀惜と責任を感じて病気になり、その生徒達の名前を呼びながら亡くなられた。」とエッセイ『峠の落とし文』の中で記している[19]

学校行事[編集]

縣陵祭[編集]

1950年(昭和25年)に、それまでの文化祭を「縣陵祭」と改称。 この年の6月17日、18日の両日、演劇部、白虹会(美術部)、音楽部の文化総部員を始め、 縣陵全校生徒有志たちがキャスト、スタッフを務めた「破戒」(島崎藤村原作、村山知義脚色)の舞台公演が行われた。 2日間計4回の公演で松本市民延べ5300人が鑑賞した [20]。 以来、毎年6月第3週の金曜日から月曜日の4日間にわたり、主に文化系クラブやクラス発表など生徒会最大行事として開催されている [21]

強歩大会[編集]

全校マラソン大会として1935年(昭和10年)に始まる。 1939年(昭和14年)には、剛健競歩大会として16キロを走る。翌年には28キロとなる。 戦時中の1943年(昭和18年)に一時休止となったが、 1954年(昭和29年)5月4日、第1回強歩大会として実施(学校~波田小学校間24キロ)され今日に至る [22]。 現在は毎年10月に開催され、男子は32キロ、女子は27キロとなっている [23]

スクールカラー[編集]

スクールカラー臙脂色(えんじ色)である。 本校の運動系クラブユニフォームや学校行事など、様々な場面で使われる色である [24]

えんじ色
 
16進表記 #B3424A
RGB (179, 66, 74)
CMYK (19, 78, 58, 4)
HSV (356°, 63%, 70%)
マンセル値 4.2R 4.3/10.7
表示されている色は一例です

クラブ活動[編集]

運動系クラブ
文化系クラブ
生徒クラブ加入率

平成28年現在、運動系クラブ56.1%、文科系クラブ45.4%、生徒クラブ加入率は101.5%となっている[25]

サッカー部と初代校長小松武平

1923年(大正12年)学校創立とともに創部されたサッカー部は、初代校長小松武平がサッカーを校技として採用し、入学者全員にサッカー靴の購入を義務づけ、さらに初代監督に東京高等師範学校主将だった松本寛次(広島一中・現広島県立広島国泰寺高等学校野津謙を指導)を教頭として招聘するほどサッカー熱が高かった。しかし、全国大会に出場するようになったのは戦後からである。1955年(昭和30年)国体初出場、1962年(昭和37年)全国高等学校サッカー選手権初出場、1963年(昭和38年)サッカー選手権ではベスト8、1966年(昭和41年)インターハイでは3位と1960年代前半が言わば黄金時代[26]だった。

その後、1976年(昭和51年)に第55回全国高等学校サッカー選手権大会で二回目のベスト8進出を果たした。1990年(平成2年)第68回全国高等学校サッカー選手権大会では13年ぶり8回目の出場を果たしている[27]

バスケットボール部

1968年(昭和43年)全国高等学校総合体育大会でベスト8、1970年(昭和45年)国民体育大会ベスト8などの好成績を残しており、この時代、前述のサッカー部と共に運動系クラブの代表格であった。

山岳部

2007年(平成19年)全国高等学校総合体育大会登山大会で6位入賞、2013年(平成25年)全国高等学校総合体育大会登山大会で準優勝するなど近年好成績をおさめている。

学校施設[編集]

1973年(昭和48年)に発生した火災により木造の北校舎以下7棟を消失した事を契機に校舎・施設等の鉄筋コンクリート化が進み、順次施設の拡充がなされている。火災後の一時期、1973年(昭和48年)4月から1974年(昭和49年)3月の1年間、旧信州大学人文学部校舎(現・あがたの森文化会館)を借用して平常授業が行われた経緯がある[28]。 現在の施設概要は以下の通りである[29]

校地
  • 校地 43,657 m2
  • 校舎敷地 18,638 m2
  • 第 1グラウンド 11,083 m2
  • 第 2グラウンド 13,936 m2
校舎等
  • 敷地面積(延) 11,744.98 m2
  • 第 1棟 管理混合教室棟 (鉄筋 4階建 ): 普通教室 (8)、特別教室 (3)、図書館、職員室、放送室、会議室、事務室、校長室
  • 第 2棟 普通教室棟 (鉄筋 3階建 ): 普通教室 (12)、特別教室 (2)、職員室、保健室
  • 第 3棟 特別教室棟 (鉄筋 3階建 ): 特別室 (6)、職員室、休養室
  • 第 4棟 普通教室棟 (鉄筋 2階建 ): 普通教室 (4)、クラブ練習室
  • 第 5棟 家庭科教室棟 (鉄筋 2階建 ): 特別教室 (2)、職員室 更衣室
  • 第 6棟 音楽教室棟 (鉄筋 1階建 ): 特別教室 (1)、レッスン室、準備室、器具室
  • 大体育館 大体育館 (鉄筋 2階建 ): 1階 アリーナ、ステージ、職員室、更衣室、器具庫 2階 トレーニングルーム
  • 小体育館 (鉄筋 2階建 ): 1階 格技室 2階 体育館

歴代校長[編集]

歴代 氏名 在職期間
初代 小松 武平 大正12年1月~昭和5年9月
二代 土屋 弼太郎 昭和5年10月~昭和6年7月
三代 甲田 作衛 昭和6年7月~昭和10年9月
四代 佐藤 貞治 昭和10年9月~昭和12年3月
五代 潮田 正次 昭和12年3月~昭和15年3月
六代 丸山 亀之助 昭和15年3月~昭和18年7月
七代 浜本 勝治郎 昭和18年9月~昭和20年12月
八代 淡中 益郎 昭和20年6月~昭和22年3月
九代 羽生 功 昭和22年7月~昭和24年6月
十代 山田 実 昭和24年12月~昭和27年3月
十一代 平林 圭介 昭和27年3月~昭和34年3月
十二代 清水 次郎 昭和34年3月~昭和37年3月
十三代 高見沢 庄七 昭和37年3月~昭和39年3月
十四代 宮下 清計 昭和39年4月~昭和41年3月
十五代 山田 石男 昭和41年4月~昭和46年3月
十六代 生島 三男 昭和46年4月~昭和48年5月
十七代 栗田 寛 昭和48年5月~昭和51年3月
十八代 上條 勲 昭和51年4月~昭和53年3月
十九代 藤森 慎 昭和53年4月~昭和57年3月
二十代 市村 順太郎 昭和57年4月~昭和59年3月
二十一代 安江 昭祐 昭和59年4月~昭和63年3月
二十二代 小林 栄一 昭和63年4月~平成3年3月
二十三代 中村 節好 平成3年4月~平成5年3月
二十四代 佐藤 彦雄 平成5年4月~平成7年3月
二十五代 腰原 哲朗 平成7年4月~平成9年3月
二十六代 太田 喜幸 平成9年4月~平成13年3月
二十七代 青山 誠 平成13年4月~平成16年3月
二十八代 京田 伸吾 平成16年4月~平成19年3月
二十九代 青柳 淳 平成19年4月~平成21年3月
三十代 諏訪 繁範 平成21年4月~平成23年3月
三十一代 野村 貫之 平成23年4月~平成25年3月
三十二代 西牧 守 平成25年4月~平成27年3月
三十三代 永原 経明 平成27年4月~

進学実績[編集]

旧制松本第二中学・松本県ヶ丘高校旧本館 正面玄関

国公立大学へは毎年140〜150名程[30]、2013年度は160名、2014年度、2015年度は144名が合格している。その内、地元信州大学が50名前後を占めている。2015年度は62名が合格している。北海道大学東北大学名古屋大学大阪大学などの旧帝大へは、ほぼ毎年合格者を出しているが、東京大学京都大学の難関大学への合格者もいる。

私立大学へは毎年、早稲田大学慶應義塾大学上智大学中央大学明治大学立教大学法政大学や、関西圏の関西大学関西学院大学同志社大学立命館大学など、いわゆるMARCH関関同立などへ合わせて150名前後の合格者(延数)を出している。2013年度182名、2014年度176名、2015年度は102名が合格している。

旧制松本第二中学から新制松本県ヶ丘高校に変わって間もない1950年(昭和25年)当時は[31]、東京大学4名、北海道大学3名、東京工業大学1名のほか国公立大学へ99名が進学している。その内、信州大学へは62名が進学していることから、当時から国公立大学合格者に占める信州大学の割合が高い。

著名な出身者[編集]

法曹・官僚
政治・経済
学者
医療
文化・芸能
マスコミ
スポーツ

交通アクセス[編集]

参考・関連書籍[編集]

  • 『長野県松本県ケ丘高等学校五十年史』 - 長野県松本県ケ丘高等学校五十年史編集委員会/編(1979.3)
  • 『昭和55年度会員録 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会』 - 社団法人 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会/編(1980.2)
  • 『県陵の歩み 長野県松本第二中学校・長野県松本県ヶ丘高等学校 創立八十周年』 - 県陵の歩み編集委員会/編(2003.10)
  • 『松本県ケ丘高等学校サッカー部60年のあゆみ』 - 松本県ケ丘高等学校サッカー部60年のあゆみ編纂委員会/編(1985.6)
  • 『松本県ヶ丘高等学校サッカー部のあゆみ. 2集』 - 松本県ヶ丘高等学校サッカー部のあゆみ2集編集委員会/編(2000.4)
  • 『縣陵野球部の歴史』 - 野球部OB会/編(2014.11)
  • 『長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会名簿(卒1928年〜2009年)』 - 高校同窓会名簿:A20173B/編(2010)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 県ヶ丘高校公式サイト内・学校概要より引用「創立90余年、2万7千名を越える」
  2. ^ 県ヶ丘高校山岳部コラム(縣陵とは)
  3. ^ 県ヶ丘高校山岳部コラム(縣陵とは・沿革)
  4. ^ 愛のリレーとは
  5. ^ 縣陵1期会
  6. ^ KNR35
  7. ^ 県ヶ丘高校公式サイト内・学校概要・校章の由来
  8. ^ 県ヶ丘高校公式サイト内・学校概要(校歌)
  9. ^ 県ヶ丘高校山岳部コラム(応援練習攻略の道)
  10. ^ “縣陵 松本県ケ丘高等学校同窓会「小嶋陽太郎さん(高62回卒)2014/12/19」”. http://kenryo.org/topix2014.html 2016年5月22日閲覧。 
  11. ^ 小嶋陽太郎 松本県ヶ丘高校同窓会報起稿「非二十一世紀的伝統」平成27年5月15日
  12. ^ 県ヶ丘高校公式サイト内・学校概要(三大精神)
  13. ^ 上田高校公式サイト内・歴代学校長
  14. ^ 小松先生の想い出
  15. ^ 県ヶ丘高校公式サイト内・小松先生碑
  16. ^ 旧制松本二中21回/高校1回(母校愛のリレー)『校訓「三大精神」の碑建立』記事参照
  17. ^ 美ヶ原の履歴
  18. ^ 【美ヶ原遭難事故】(アガタディア)
  19. ^ 樋口和博著『峠の落とし文』小松先生の想い出
  20. ^ 旧制二中23回/高校3回卒 縣陵三陵会(長野県松本県ヶ丘高校 母校愛のリレー)記事参照
  21. ^ 松本県ヶ丘高校公式サイト内・学校行事(縣陵際)
  22. ^ 「第49回県陵東京同窓会オープニング」記事参照
  23. ^ 松本県ヶ丘高校公式サイト内・学校行事(強歩大会)
  24. ^ 【縣陵カラー】(アガタディア)の項閲覧
  25. ^ 県ヶ丘高校公式サイト内・学校概要・生徒概況(クラブ加入状況)
  26. ^ 全国高等学校サッカー選手権大会長野県大会 過去の記録
  27. ^ 第68回全国高等学校サッカー選手権大会 出場校一覧
  28. ^ 高校第28回卒双葉会記事参照(松本県ヶ丘高校 母校愛のリレー)
  29. ^ 県ヶ丘高校公式サイト内・施設概要
  30. ^ 松本県ヶ丘高校・公式HP「進路について」
  31. ^ 母校愛のリレー「県二会」(活躍した県二回の群像)
  32. ^ 樋口和博さんのこと
  33. ^ a b c d e f g h i 松本県ヶ丘高等学校同窓会(愛のリレー/中22回・県2回)”. 2016年4月4日閲覧。
  34. ^ 毎日新聞「トップ登場」
  35. ^ 37期みんなの会
  36. ^ 芝学園ギター部「2007年ウィンターコンサート」アンコール演奏(2007年12月2日芝学園講堂にて)
  37. ^ “都内を「さまよう」屋台バ-、「桜が散るまで」永代橋のたもとで営業中”. 日本橋経済新聞. (2011年3月7日). http://nihombashi.keizai.biz/headline/214/ 2016年4月5日閲覧。 
  38. ^ “出会えたらラッキー! 都内をさまよう神出鬼没の屋台バー「TWILLO」で、特別な一杯を♪”. TOKYO DAY OUT. (2015年10月28日). http://dayout.tokyobookmark.net/20151028/ 2016年4月5日閲覧。 
  39. ^ “風の向くまま気のむくまま今日もまた 神出鬼没の移動式屋台バー「Twillo」”. macaroni. (2016年3月14日). http://macaro-ni.jp/3457 2016年4月5日閲覧。 
  40. ^ “インタヴュー THE NAMPA BOYS”. NEXUS. (2013年10月23日). http://www.nexus-web.net/interview/thenampaboys/ 2016年5月19日閲覧。 
  41. ^ 『気障でけっこうです』(角川書店)

関連項目[編集]