長野県箕輪進修高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長野県箕輪進修高等学校
Minowa Shinsyu High School.jpg
過去の名称 長野県箕輪高等学校
長野県箕輪工業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 長野県の旗 長野県
学区 全県学区
設立年月日 1924年4月1日
(中箕輪実業補習学校)
共学・別学 男女共学
課程 定時制(多部制)課程
二部以上の授業 I部(午前)・II部(午後)・III部(夜間)
単位制・学年制 単位制
設置学科 (定時制)機械科
(多部制)普通科
クリエイト工学科
学期 2学期制
高校コード 20152K
所在地 399-4601
長野県上伊那郡箕輪町中箕輪13238
外部リンク 長野県箕輪進修高等学校
長野県箕輪工業高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

長野県箕輪進修高等学校(ながのけん みのわしんしゅうこうとうがっこう)は、長野県上伊那郡箕輪町に所在する公立高等学校

概要[編集]

旧称長野県箕輪工業高等学校2008年度(平成20年度)より、多部制・単位制高校に転換した。略称は「箕高」であり、生徒会行事の文化祭は「進修祭(しんしゅうさい)」である。 長野県下2校目となる新制高校システムで、普通科と工業科(クリエイト工学科)がある学校。教育特色には、少人数授業や科目履修相談を行えるガイダンス・カウンセリング、工業教育にも力をあげるため日本工業大学との連携、地域企業への職業体験をするインターンシップなどがある。

沿革[編集]

  • 1924年4月1日 - 中箕輪実業補習学校の通年部として開校。
  • 1935年9月1日 - 新制中箕輪青年学校に改称。
  • 1942年2月9日 - 女子部が独立し、中箕輪実科女学校となる。
  • 1943年4月1日 - 中箕輪実科女学校が、長野県中箕輪高等女学校に改称。
  • 1948年4月1日 - 学制改革により、長野県中箕輪高等学校となる。全日制および定時制の普通科を設置。
  • 1949年4月1日 - 県立に移管。
  • 1950年4月1日 - 農業課程併設。
  • 1955年3月31日 - 農業課程廃止。
  • 1960年4月1日 - 長野県箕輪高等学校に改称。
  • 1961年4月1日 - 機械科、普通科(女子)に改編。
  • 1963年4月1日 - 電気科新設。
  • 1964年3月11日 長野県箕輪工業高等学校に改称。
  • 1964年4月1日 - 定時制機械科新設。
  • 1972年4月1日 - 定時制普通科募集停止。
  • 1974年4月1日 - 普通科、男子募集開始。
  • 2003年4月1日 - 機械科と電気科を統合し、総合工学科へ改編。
  • 2008年4月1日 - 多部制・単位制新高校への転換に伴い、長野県箕輪工業高等学校から長野県箕輪進修高等学校に改称。
  • 2010年3月6日 - 全日制最後の卒業式挙行。

教育課程[編集]

  • I部(午前部):普通科、クリエイト工学科
  • II部(午後部):普通科
  • III部(夜間部):普通科

教育目標[編集]

  1. 未来に目標を持ち、希望と信念を持って努力する生活態度を育てます。
  2. 自主・自律の上に立った協同の精神と、生命を大切にする心を育てます。
  3. 健やかな体と、学び考える力を育てます。

出身者[編集]

校章[編集]

「箕輪」のmと「進修」のSをデザイン化し、箕輪町の町花「いわやまつつじ」のすみれ色と天竜川の青色が配されている。地域に根ざし飛躍する高校、希望と信念にあふれる若人を表現してデザイン化された。

校章参照

校歌[編集]

長野県箕輪進修高等学校校歌(作詞:藤沢古実 作曲:平井康三郎

最寄駅[編集]

関連項目[編集]