長野県道380号関崎川中島停車場線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
長野県道380号標識

長野県道380号関崎川中島停車場線(ながのけんどう380ごう せきざきかわなかじまていしゃじょうせん)は、長野県長野市を走る一般県道

目次

概要

犀川の南側に並行して長野市内を横断する路線である。

国道117号との重複区間を含む大塚交差点・中氷鉋交差点間を除けば、ほとんどが1.5車線幅の狭い道路である。大塚交差点手前の国道18号にある道路標識では、本路線の関崎橋方面について「大型車困難」と併記されている。

路線データ

主要構造物

  • 関崎橋(せきざきばし=長野市松代町大室 - 真島町真島)
    • 全長:540.0m
    • 幅員:6.3m(うち車道6.0m=2車線片側歩道)
    • 標高:
    千曲川に架かる橋梁。それまでの木橋に代わって、1973年昭和48年)12月1日に永久橋として架けられた。木橋時代の関崎橋は、映画「笛吹川」(木下惠介監督、1960年)で見ることができる。橋の西端には荒川を越える関崎小橋が続く。

重複区間

交差・接続する道路

周辺

関連項目