長野電鉄モハ1000形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小布施駅に保存されているモハ1003
須坂駅で発車を待つモハ1501。1988年5月撮影
モハ1501の車内。1988年5月撮影
須坂駅構内に留置されるモハ1500形(2000年7月17日撮影。)

長野電鉄モハ1000形電車(ながのでんてつモハ1000がたでんしゃ)は、かつて長野電鉄で使用されていた電車制御電動車)である。

本項では、モハ1000形と同一の基本設計に基づいて製作されたモハ1500形電車・クハ1550形電車・クハニ1060形電車の各形式についても記述する。

概要[編集]

運輸省規格形電車の一つで、1948年昭和23年)から1954年(昭和29年)にかけて日本車輌製造で制御電動車のモハ1000形・モハ1500形・制御車のクハ1550形・クハニ1060形が製造され、総勢14両が在籍した。

1951年(昭和26年)より製造されたモハ1500形は、山の内線の勾配区間下降用に抑速発電ブレーキを装備したもの[1]。モハ1000形と車体はあまり変わらないが、台車がKS-33Eに変更されている。

制御車のクハ1550形・クハニ1060形は、いずれも戦前製の木造車の鋼体化名目で製造されている[2]。クハ1550形は、モハ1000形・モハ1500形のいずれにも連結して使用できるよう、長野向き運転台にモハ1000形用の、湯田中方にモハ1500形用(電制付き)の主幹制御器を装備し、連結側を指定して使用された[1]。クハニ1060形は、モハ1000形の原設計から扉配置を変更し、湯田中向き運転室直後に荷物扉と荷重2tの荷物室を設置している。

運用[編集]

性能や機構の上では戦前製の在来車と共通(間接非自動制御・非常管付き直通制動・75kW主電動機装備など[1])で、各線で使用された。1952年(昭和27年)から開始された急行運用にも充当された。

1954年(昭和29年)にはモハ1000形のうち2両を電装解除してクハ1050形に、クハニ1060形のうち2両を電装してモハニ1010形にする改造が行われた[2]

1950年代後期からは、3連運用時の車掌業務の便のため貫通路設置改造が順次行われ、電動車のうち先頭に出るものの片側[3]と、中間に入る電動車の両側に貫通路が設けられた。制御車については、クハ1550形は両側に、その他の形式は湯田中方に貫通路が設けられている。電動車、制御車とも運転台は撤去されず両運転台を維持しており、組成替えも随時行われた。

モハニ1010形とクハニ1060形の荷物室は1970年代初期に廃止され、モハ1010形・クハ1060形に形式変更された[2]

長野 - 善光寺下間の地下化に際し、2500系導入により半数以上が廃車となったが、モハ1000形1003・1004、モハ1500形1501・1502、クハ1550形1552が河東線屋代 - 須坂間(後の屋代線区間)用として残された[1]

その後、河東線内での2500系の運用が拡大し、2連運用が置き換えられると1985年(昭和60年)にモハ1003・1004、クハ1552も廃車となり、以後はモハ1501・1502が残され、日中の単行運転専用として使用された。

上述の貫通路設置工事で、モハ1501は両側、モハ1502は湯田中方に貫通扉が設置されていた[4]が、この用途に使用されていた頃、モハ1502は湯田中方正面を踏切事故で破損し、復旧時に非貫通となった[4]。またこのとき復旧側の正面窓ガラスはHゴム支持となり、原型とは異なる形態となった[4]

1993年(平成5年)には、3500系導入によりモハ1501・1502も運用を離脱した。モハ1501はしばらく動態保存車として運行[5]されていたがその後廃車となり、須坂駅で留置されていたが解体され現存しない。

保存車[編集]

モハ1000形1003が小布施駅の「ながでん電車の広場」で静態保存され、屋代線廃線後、信濃川田駅に移動されていたが、現地にて解体された。だが数メートルカットモデルになって台車付きで保存されている。(2019年3月9日現地確認)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『鉄道ピクトリアル』1984年4月臨時増刊号 (No.431) 「甲信越・東海地方の私鉄特集」 p.102 - 108。
  2. ^ a b c 宮田道一・村本哲夫 『RM LIBRARY 86 長野電鉄 マルーン時代』 ネコ・パブリッシング、2006年、p.32 - 37。
  3. ^ 3連組成時、長野方から、モハ1000形はTc-Mc-Mc、モハ1500形はMc-Mc-Tcとなるよう組成された。このため先頭に出る電動車は、モハ1000形は湯田中方、モハ1500形は長野方を非貫通とし、反対側に貫通扉が設けられた。
  4. ^ a b c 「長野電鉄 健在! 1500形」 『鉄道ジャーナル』1990年10月号 (No.288) p.144 - 147
  5. ^ 白川淳『全国保存鉄道IV 西日本編』、1998年JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉