長野電鉄2100系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
JR東日本253系電車 > 長野電鉄2100系電車
長野電鉄2100系電車
Nagaden E1 at Shinano-takehara.png
2100系E1編成(2011年)
基本情報
運用者 長野電鉄
製造所 東急車輛製造近畿車輛
種車 JR東日本253系電車
改造所 東急車輛製造
改造年 2010年
改造数 6両
導入年 2011年
総数 2編成
運用開始 2011年2月26日
投入先 長野電鉄長野線
主要諸元
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V
最高運転速度 90 km/h
車体長 先頭車 18,100 mm
中間車 18,000 mm
車体幅 2,780 mm
車体 普通鋼
台車 DT56・TR241
主電動機 直流直巻電動機
駆動方式 中空軸平行カルダンたわみ板継手方式
制御方式 界磁添加励磁制御
制動装置 電気指令式空気ブレーキ
回生ブレーキ抑速ブレーキ付き)
保安装置 ATS
テンプレートを表示

長野電鉄2100系電車(ながのでんてつ2100けいでんしゃ)は、長野電鉄特急形電車。 老朽化した2000系の代替としてJR東日本253系を譲り受けた車両である。愛称は「スノーモンキー」。

概要[編集]

編成[編集]

附属中学前駅 - 朝陽駅付近を走行中の塗色更新後のE2編成
(2018年3月26日)
 
長野
形式 クハ2150形
(Tsc)
モハ2100形
(M)
デハ2110形
(M'c)
編成 E1 クハ2151
(クロハ253-6)
モハ2101
(モハ253-18)
デハ2111
(クモハ252-18)
E2 クハ2152
(クロハ253-7)
モハ2102
(モハ253-19)
デハ2112
(クモハ252-19)
  • 長野電鉄では、8500系導入以降運転台を有する制御電動車を「デハ」、運転台のない中間電動車を「モハ」と呼称している(形式称号改正による)。
  • ( )内はJR時代の車両番号。

車体・外観[編集]

長野電鉄での運用開始に伴いワンマン運転用の機器が設置された。

1000系8500系同様、おおむねの外観はJR時代の状態を保っているが、塗装に関してはE2編成のみ長野電鉄オリジナルの塗色に変更されている[1]ヨーダンパ行先案内装置[2]など種車からそのまま踏襲された設備が多い。

なお、JR時代から前面方向幕が装備されていなかったが、長野電鉄での運用開始後にサボを取り付ける形で行先表示を行うようになった。

先頭車の連結器は入線時はオリジナルの密着連結器から電気連結器を外したものであったが、併結運転の必要が無いことや緊急時等に他車と連結する際に連結器を揃える必要があった為、後に小型密着自動連結器に交換されている。

車内[編集]

2100系「スノーモンキー」
← 湯田中
長野 →
1 2 3
  • 全車禁煙
凡例
=4人用個室指定席「Spa猿〜ん」
自=普通車自由席
クハ2152の車内
(2012年5月5日

全車禁煙。外観同様、車内設備もおおむねJR時代を保っている。

  • 1号車・湯田中方に設置されているグリーン個室には「Spa猿〜ん」の愛称が付けられ、4人用個室指定席とされた。開放室は自由席とされたが、こちらも種車のまま設備に変更はなく、座席は回転リクライニングシートとなっている。
  • 2号車および3号車は全席自由席で、1号車と同じく設備に変更はなく、集団見合い式のシート配列を保っている。なお、自由席は1人掛2列の2号車11番(車いすスペース)を除き、1号車開放室を含めすべて2人掛4列。
  • その他設備のうち、公衆電話は撤去されている。また、荷物棚についてハットラック式のまま存置されている。
  • 乗降ドアについては、見た目での変化はないが、ドアレールに凍結防止ヒーターが内蔵されているほか、ドア開閉に連動して鳴動する、4点式のドアチャイムが新たに設置された。
  • 車内日本語自動アナウンスは、SBC信越放送アナウンサーの山崎昭夫[3]、英語自動アナウンスはトーマス・デイリーが担当している。

号車番号/設備他

  1. 運転室・4人用個室(4席)・普通席(40席)
  2. 普通席(42席)
  3. 運転室・普通席(48席)

運用[編集]

現在長野線のA特急とB特急で運用されている。当系列運用開始前は特急車両が間合い運用で普通列車に充当されることがあったが、現在は廃止された。ただし、2014年6月に8500系が車両点検を行った影響で一部の普通列車に運用された事例があり、該当列車では特急券不要で乗車出来た。

歴史[編集]

2010年平成22年)
2011年(平成23年)
2012年(平成24年)
  • E2編成の塗装がオリジナルデザインへ変更される。


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ E2編成は赤色が濃く、スカート周りのグレーもより白に近いグレーとなっている。
  2. ^ 1号車はLEDで、2・3号車が幕式。
  3. ^ 伊藤 2011, p. 79
  4. ^ 「新型特急車両の導入について」(長野電鉄)
  5. ^ 「長野電鉄新型特急車両愛称決定!」(長野電鉄)
  6. ^ 経路は逗子 - (横須賀線) - 大船 - (根岸線) - 桜木町 - (東海道本線) - 新鶴見信号場 - (武蔵野線) - 府中本町 - (南武線) - 立川 - (中央本線) - 塩尻 - (篠ノ井線) - 篠ノ井 - (しなの鉄道線) - 屋代。1000系「ゆけむり」とは異なり、篠ノ井線の車両限界を侵すことがないため最短経路での輸送となった。
  7. ^ Ne107編成は再塗装その他の細部整備のため、長電テクニカルサービス屋代工場に入場。Ne108編成は細部整備(再塗装はされていない)および乗務員習熟訓練に使用のため須坂工場に回送された。
  8. ^ 2100系「スノーモンキー」先行特別試乗会のご案内 (PDF) (長野電鉄)
  9. ^ 長野電鉄2100系が営業運転を開始 - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp鉄道ニュース 2011年2月27日

参考文献[編集]

  • 伊東丈志「長野電鉄に加わった人気もの 特急スノーモンキーが行く 箱根から転じたロマンスカー「ゆけむり」とも共演」『鉄道ジャーナル』第45巻第5号、鉄道ジャーナル社、2011年5月、 76-81頁、 ISSN 0288-2337

関連項目[編集]