長齢院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

長齢院(ちょうれいいん、? - 天正元年11月24日1573年12月18日))は戦国時代の女性。前田利昌(利春)の正室。

経歴[編集]

父は竹野氏の出。荒子城主、前田利昌に嫁ぎ、前田利久、前田利玄、前田利家佐脇良之をもうけた。

また、利家の妻芳春院の母は実姉である。長齢院の姉は篠原主計に嫁ぎ、夫の死後、尾張守護斯波家臣高畠直吉に嫁いだ。

姉が高畠直吉に嫁いだ後は叔母として、姉の子・芳春院を育てた。

天正元年(1573年)長男利久の拠城尾張荒子城で死去。利家によって宝円寺に葬られる。

後に宝円寺は利昌の戒名道機庵休嶽居士の休嶽、自身の戒名、長齢院妙久大姉の長齢からとられ休嶽山長齢寺と改名された。

演じた女優[編集]

出典[編集]

前田利家 図說:前田育徳会の史料にみる