門松賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
門松賞
競馬場 荒尾競馬場
創設 1978年1月2日
距離 ダート1500m
格付け 重賞
賞金 1着賞金60万円(2011年)
出走条件 サラブレッド系3歳
負担重量 定量(56kg牝馬54kg)
テンプレートを表示

門松賞(かどまつしょう)は、日本荒尾競馬組合荒尾競馬場ダート1500mで施行していた競馬重賞競走

概要[編集]

荒尾競馬の正月開催を飾る名物レースであり、年が明けて3歳(旧4歳)となったばかりの若駒にとって最初の目標となるレース。1978年の創設から長らくアラブ系のレースとして施行され、歴代の優勝馬には後に楠賞全日本アラブ優駿を制したダイメイゴッツ、コウザンハヤヒデといった強豪も名を連ねていた。

アラブ系競走馬の入厩頭数減少に伴い2005年限りで一旦休止となったが、2007年からサラブレッド系の競走として復活した。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1978年1月2日 ヒロノオー 牝3 荒尾 1:37.3 川上明人
第2回 1979年1月2日 リユザンテツト 牝3 荒尾 1:37.5 後藤禎文
第3回 1980年1月2日 トミノミキ 牝3 荒尾 1:40.6 小竹清一
第4回 1981年1月2日 ナンシンスピード 牝3 荒尾 1:40.2 福島幸広 伊豆嘉一
第5回 1982年1月2日 ヤマトコザン 牝3 荒尾 1:38.3 松島壽 伊豆嘉一
第6回 1983年1月2日 エイテイハルオー 牡3 荒尾 1:38.7 崎谷彦司 平山良一
第7回 1984年1月2日 シオノハードサン 牝3 荒尾 1:41.6 松島壽 和田保夫
第8回 1985年1月3日 トムリスク 牡3 荒尾 1:42.9 松島壽 中尾信一
第9回 1986年1月3日 キタノハリマオー 牡3 荒尾 1:39.7 飯島雄治
第10回 1987年1月3日 ムサシメイゲキ 牡3 荒尾 1:38.2 崎谷彦司
第11回 1988年1月3日 ミクニオー 牝3 荒尾 1:40.5 川上明人
第12回 1989年1月3日 ミクニヨシハヤ 牝3 佐賀 1:39.6 川上明人
第13回 1990年1月3日 インターオーカン 牝3 荒尾 1:40.4 松島壽 中尾信一
第14回 1991年1月3日 イレブンガール 牝3 荒尾 1:38.1 矢ヶ部徹 中尾信一
第15回 1992年1月3日 ミヤシロレット 牝3 荒尾 1:40.1 矢ヶ部徹 中尾信一
第16回 1993年1月3日 ダイメイゴッツ 牡3 荒尾 1:38.7 牧野孝光 和田保夫
第17回 1994年1月3日 ジョージハンター 牡3 荒尾 1:43.1 矢ヶ部徹 幣旗吉治
第18回 1995年1月3日 グレートマルゼン 牡3 荒尾 1:41.3 牧野孝光 和田保夫
第19回 1996年1月1日 オリエントマイティ 牝3 荒尾 1:43.3 橋本幸次郎 工藤榮一
第20回 1997年1月1日 ハクコウアカネ 牡3 荒尾 1:42.5 田中隆仁 宇都宮徳一
第21回 1998年1月1日 タツフウジン 牝3 荒尾 1:41.9 中島裕明 畑田修治
第22回 1999年1月1日 マルゼンロッキー 牡3 荒尾 1:42.5 田中隆仁 宇都宮徳一
第23回 2000年1月1日 コウザンハヤヒデ 牡3 荒尾 1:40.1 西村栄喜 福島幸広
第24回 2001年1月1日 コウザンシンオー 牡3 荒尾 1:42.3 西村栄喜 福島幸広
第25回 2002年1月1日 マルシンランサー 牝3 荒尾 1:41.2 新町充寿 古澤清次
第26回 2003年1月1日 メグミヒリュウ 牡3 荒尾 1:41.8 吉井浩和 平山良一
第27回 2004年1月1日 コウザンシンシン 牡3 荒尾 1:40.7 西村栄喜 福島幸広
第28回 2005年1月1日 ケイウンホマレ 牡3 荒尾 1:43.6 尾林幸彦 佐伯茂樹
第29回 2007年1月1日 ドリームインラブ 牡3 荒尾 1:38.1 松島慧 松島壽
第30回 2008年1月1日 ドリームインボス 牡3 荒尾 1:39.7 吉留孝司 松島壽
第31回 2009年1月1日 テイエムヒッカテ 牡3 荒尾 1:41.0 山口勲 平山良一
第32回 2010年1月1日 レッドエンゼル 牡3 荒尾 1:39.5 吉留孝司 松島壽
第33回 2011年1月1日 ダイメイネオ 牝3 荒尾 1:38.3 田中純 坂本彰

馬齢は2000年以前についても現表記とした。

  • 出走条件=第1回~第28回:アラブ系3歳、第29回~:サラ系3歳
  • その他=第23回は特別競走として実施、2006年は休止