門野幾之進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
門野幾之進
弟の門野重九郎

門野 幾之進(かどの いくのしん、1856年4月18日安政3年3月14日) - 1938年昭和13年)11月18日)は、日本の実業家、貴族院勅選議員千代田生命保険初代社長。勲四等靄渓[1]

経歴[編集]

志摩鳥羽藩士・門野豊右衛門の長子[1]。実弟に大倉組副頭取の門野重九郎がいる[2]1869年(明治2年)4月、鳥羽藩貢進生として上京し、慶應義塾に入学[1]。同門に中上川彦次郎後藤牧太がいた[3]1871年(明治4年)には教員となる[1]1876年(明治9年)から1879年(明治12年)まで共慣義塾や三菱商業学校、土佐の立志学舎でも教鞭をとる[1]

1893年(明治26年)自由党の候補者として打って出る[4]1904年(明治37年)に阿部泰蔵らと共に千代田生命保険を創立。1932年(昭和7年)3月15日、貴族院議員に勅選された[5]

慶應義塾では理事委員、教頭、評議員、副社頭(1901年10月~1907年5月)となり[1]、千代田生命保険社長、豊国銀行監査役、時事新報会長、交詢社会長のほか、日本無線電信設立委員、国際観光委員会、臨時ローマ字調査会委員等となる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 慶應義塾 『慶應義塾百年史』 付録、1969年、9頁
  2. ^ 慶應義塾出身名流列伝』 263頁
  3. ^ 慶應義塾出身名流列伝』 261頁
  4. ^ 慶應義塾出身名流列伝』 262頁
  5. ^ 官報』第1561号、昭和7年3月16日。

参考文献[編集]