閃長岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
閃長岩
深成岩のQAPF図;
Q:石英、A:アルカリ長石、P:斜長石、F:準長石

閃長岩(せんちょうがん、syenite、サイアナイト)は、優白質であるが石英をほとんど含まず、アルカリ長石を主成分とする深成岩火山岩粗面岩に対応する。石英を少量含むものは石英閃長岩(せきえいせんちょうがん、quartz syenite)とよぶ。

閃長岩より斜長石が多くなるとモンゾニ岩になる。石英の代わりに準長石を含むようになると、準長石閃長岩という別の分類の岩石(火山岩響岩に対応)になる。

鉱石の「長石」として採掘されることがある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 黒田吉益諏訪兼位 『偏光顕微鏡と岩石鉱物 第2版』 共立出版、1983年、ISBN 4-320-04578-5。
  • 益富壽之助 『原色岩石図鑑 全改訂新版』 保育社、1987年、ISBN 4-586-30013-2。
  • 山崎貞治 『はじめて出会う岩石学 - 火成岩岩石学への招待』 共立出版、1990年、ISBN 4-320-04623-4。
  • 豊遙秋青木正博 『検索入門 鉱物・岩石』 保育社、1996年、ISBN 4-586-31040-5。