開南丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
開南丸
秋田県にかほ市にある白瀬南極探検隊記念館にある開南丸の実物大レプリカ

開南丸(かいなんまる)は、白瀬矗南極探検に使用された木造帆船。命名は、海軍元帥東郷平八郎伯爵による。船主旗の図案は三宅雪嶺の考案[1]

諸元[編集]

  • トン数 199t[要出典](一説に204t[2])
  • 全長 33.48m[2] 30m[3]
  • 幅 7.85m[2]
  • 深さ 3.89m[2]
  • 軸出力 18馬力[2] ※だいたい現在の125ccのスクーターバイクに相当し、出入港の補助にしか使えない(現在の同じ大きさの船は200~2,000馬力くらいのエンジンを装備する)[3]

船歴[編集]

  • 1910年(明治43年)10月、漁船第二報效丸(だいにほうこうまる)を購入。
  • 同年11月21日、東郷平八郎元帥が第二報效丸を開南丸と改名[4]
    • 18馬力の補助発動機を装備し、品川沖で試運転を行う[4]
  • 同年11月29日、芝浦を出港し、南極へ向かう[4]
  • 1912年(明治45年)1月16日、1年以上の航海の末、南極ロス海クジラ湾に到着[4]。白瀬隊長率いる探検隊は1月20日に南極点に向け出発し、28日午後0時20分に、南緯80度05分、西経156度37分に到達した[4]
  • 同年6月20日、全員無事に芝浦港に帰港した[5]

航路[編集]

南極圈航海概要

関連項目[編集]

  • 大隈重信 - 南極探検隊後援会長。開南丸が一時消息不明になったとき川面凡児に相談したとする説がある[6]
  • 大和雪原 南緯80度05分、西経156度37分

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 白瀬矗書翰 : 大隈重信宛早稲田大学図書館
  2. ^ a b c d e 情報交流とリンクのページ”. 南極OB会. 2017年1月20日閲覧。
  3. ^ a b 極地をもっと知ろう 南極・北極科学館 立川 ( 東京都 ) - こぶ~がふらふら - Yahoo!ブログ”. 南極・北極科学館. 2017年1月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e 白瀬南極探検隊記念館 / 白瀬南極探検について”. 白瀬南極探検隊記念館. 2017年1月20日閲覧。
  5. ^ NPO法人白瀬南極探検100周年記念会公式ホームページ”. NPO法人白瀬南極探検100周年記念会. 2017年1月20日閲覧。
  6. ^ 『川面凡兒』光祥社, 2013