開国 (李氏朝鮮)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

開国(かいこく、개국)は、李氏朝鮮で用いられた紀年法のひとつで、李氏朝鮮の建国年である1392年紀元としている。開国年号ともいう。いつ考案されたかは不明であるが、1876年2月26日に調印された日朝修好条規原文の朝鮮側署名欄には「大朝鮮國開國四百八十五年丙子二月初二日(2月2日 (旧暦))」の日付が明記されており、また1883年10月31日に創刊された朝鮮初めての近代的新聞である『漢城旬報』に「朝鮮開國四百九十二年」の用例が見られる。公式には甲午改革で成立した金弘集政権が1894年7月27日から採用し、1896年のグレゴリオ暦採用と同時に「建陽」の元号を建てるまで用いられた。それまで宗主国であるの元号(光緒)を用いていたが、との宗属関係を廃止することを明確化する狙いで清の年号を廃止して独自の紀年法を用いることとしたものである。

西暦・干支との対照表[編集]

開国 503年 504年
西暦 1894年 1895年
干支 甲午 乙未
光緒20 光緒21
日本 明治27 明治28

※対照表は公式に用いられた年次に限っての表現とした。

参考文献[編集]

  • 姜在彦「漢城旬報」伊藤亜人・大村益夫・梶村秀樹・武田幸男編『朝鮮を知る事典』平凡社、1986年、58ページ。 ISBN 4-582-12603-0
  • 『朝鮮史』武田幸男編、山川出版社<新版世界各国史2>、2000 ISBN 4-634-41320-5

関連項目[編集]


李氏朝鮮の元号一覧
前の元号: 次の元号:
光緒の元号) 建陽