開山 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

開山(かいさん)とは、寺院を創始することを指す仏教用語である。仏道修行の場として閑静な地が望ましいことから、しばしば山間に道場や寺院が建立され、山号を有したことに由来する。転じて寺院を開創した僧侶(すなわち初代住持職)を指す語ともなる[1]

類義語として「開基」があり、後に同義語として用いられるようになった[2][3]が、厳密には両者は別々のものである。「開基」は、寺院の創始にあたって必要な経済的支持を与えた者、ないし世俗在家の実力者(大檀那)を指す語である[4]。例えば円覚寺の場合、寺院建立の事業を担った北条時宗が開基であり、時宗に招請されて住持となった無学祖元師が開山である。

ただし、宗旨や宗派によって、これらの語の用法には相違がある。宗派を開くに際して総本山をひらくことから生じる転用として、宗祖を特に「開山」と呼ぶ宗派もある[1]浄土真宗では、宗祖とされる親鸞を「開山」(「御開山」)とも呼ぶことから、末寺の創始者を「開基」と呼んで区別する[4]曹洞宗では、道元を「開山禅師」と呼んでいる[1]。また、禅宗における用法として、寺院を創始した僧侶自身が、師への尊崇の念から自らではなく師を開山とする「勧請開山」(かんじょうかいさん)があり、この場合、実際の創始者たる僧侶自身を「創建開山」(そうけんかいさん)と称する[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 中村[2001: 183]
  2. ^ 須藤[1993: 57]
  3. ^ 例えば、総合仏教大辞典編集委員会編 [1988: 168]、須藤[1993: 57]など。
  4. ^ a b 中村[2001: 178]
  5. ^ 竜谷大学編、1972、『仏教大辞彙 第1巻』(2版)、冨山房 p.516

参考文献[編集]

  • 総合仏教大辞典編集委員会編、1988、『総合仏教大辞典 上』、法蔵館 ISBN 4-8318-7060-9
  • 須藤 隆仙、1993、『仏教用語事典』、新人物往来社 ISBN 4-404-01994-7
  • 中村 元、2001、『広説佛教語大辞典 上巻』、東京書籍 ISBN 4-487-73176-3