公開書架

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

公開書架(こうかいしょか、英語:open shelf)とは、図書館において、利用者が図書などの資料を直接触れる事が可能になっている構造の書架を指す。

歴史

アメリカ図書館学者・アーサー・ボストウィック(1860年-1945年)は、「公開書架と館外貸出は公共図書館マグナカルタである」と述べている。アメリカでは19世紀末期より書架を公開して利用者に読書の選択肢を与える試みが行われるようになった。

日本では1907年佐野友三郎山口県立図書館において書庫に収まりきらなくなった図書を書架ごと公開したのが最古の例とされている。だが、戦前においては蔵書の管理・保存が重要視され、公開開架の普及が本格化するのは戦後のことである。

1960年代に日本の図書館に置いても館外貸出が一般化するにつれて書庫の公開が進み、貴重な文献などを除いては公開して利用者の読書や貸出図書の選択に資することが広く行われるようになっていった。

参考文献

  • 図書館用語辞典編集委員会 編『最新図書館用語大辞典』柏書房、2004年。ISBN 9784760124893

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
谷村美月 白石糸 棚橋弘至 金児憲史 紅蘭 楊原京子 森田剛 デニス・テン 中島美嘉 市原悦子 橋本環奈 石原裕次郎 中村ゆり 常田富士男 草刈正雄 秋篠宮佳子 滝沢秀明 渡哲也 宮沢りえ 登坂淳一
「開架」のQ&A
1  都内の開架式で最大の蔵書量を誇る図書館を教え…
2  Cp?美妝
3  図書館の概要について
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について