開架式図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

開架式図書館(かいかしきとしょかん)とは、書架が公開されている図書館のことである。

資料を手にとって見ることができ、実際の本を見ながら探すことができる。ほとんどの公共図書館はこの方式を採用している。通常、開架式図書館では来館者が本をその場で読むことができるよう、読書のためのスペースが用意されている。また、蔵書を検索するための端末を設置している図書館も多い。図書の性質によって一部を開架、一部を閉架とする図書館もある。

メリットとデメリット[編集]

開架式のメリット
  • 借りずとも、気軽に図書を読むことができる。
  • 借りる図書が予め決まっていなくても、興味に合う図書を自分で探すことができる。
開架式のデメリット
  • 図書の破損や汚れが、閉架式よりも進みやすい。
  • 閉架式に比べて、広い面積を必要とする(来館者が図書を読むためのスペースが必要になるため)。

関連項目[編集]