開栄駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
開栄駅
かいえい
Kaiei
計根別 (4.2km)
(4.6km) 当幌
所在地 北海道標津郡中標津町字当幌
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 標津線
キロ程 36.1*km(標茶起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1961年昭和36年)10月1日
廃止年月日 1989年平成元年)4月30日
備考 標津線廃線に伴い廃駅
*キロ程は実キロ(営業キロは最後まで設定されなかった)
テンプレートを表示
1977年の開栄仮乗降場と周囲約500m範囲。右が中標津方面。中標津側に四十二線道の踏切。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

開栄駅(かいえいえき)は、北海道標津郡中標津町字当幌にかつて存在した、北海道旅客鉄道(JR北海道)標津線である。標津線の廃線に伴い、1989年(平成元年)4月30日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

地区名から[1]。「開拓が進み、栄えることを願って」の命名と考えられている[1]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する無人駅であった。ホームは中標津側で踏み切りに隣接する木造木板張りの簡易型で構内の北側(標茶方面に向かって右側)に設置され、待合室が中標津寄りに有った。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
標津線
計根別駅 - 開栄駅 - 当幌駅

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 太田幸夫 (2004-02-29). 北海道の駅 878ものがたり ~駅名のルーツ探求~ (1 ed.). 札幌市: 富士コンテム. p. 183. ISBN 4-89391-549-5 

関連項目[編集]