開陽台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
開陽台と展望台
幸せの鐘

開陽台(かいようだい)は、北海道標津郡中標津町開陽にある丘であり、展望台がある名所となっている。

概要[編集]

標高271 mの小高い丘で、1929(昭和4年)から放牧地として使われていたが、1960年(昭和35年)にスキー場、翌1961年(昭和36年)に中標津中継局が設置された。

周囲に視界を遮るものがないので地平線が丸く見える[1]。晴れた日には野付半島国後島まで望めることがある[1]。地球の丸さを感じられる視界を、近くにある武佐岳(標高1005 m)が少し妨げているところから、「330度の視界」をうたっているが、展望台からの視界という点においては360度見渡すことが出来る[1]

付近には北海道遺産の一つである根釧台地の格子状防風林がある。また、1982年に発表された佐々木譲のツーリング小説「振り返れば地平線」に登場した事などから、1980年代以降は北海道ツーリングライダーの聖地としてライダーの間では広く知られる。

旧展望台は「カメハウス」と呼ばれライダー達から愛されていた。1995年に新しくなった現在の展望台は2階建てで入場無料。1階には「ハイジーの家」という軽食・土産物の店が入っており、店主の通称「かあさん」はライダー達から愛されていたが、2006年10月末を以って閉店、2007年春からは「ハイジーの家」にも商品を提供していた町内のジェラートショップ「リスの森」が店を構えている。

名称の由来[編集]

もともとこの丘は住民により「武佐台」と呼ばれていたが、1962年(昭和37年)2月11日の第3回町民スキー大会において所在地名の「開陽」より当時の町長が命名した[2]

なお、「開陽」の地名は1918年(大正7年)に同地に学校ができる際、地名が無かったことから「陽に向け発展する。太陽のごとく拓け隆々発展する」との意で名づけられた[2]

テレビ・ラジオ中継局[編集]

1977年10月までは全局が当地より放送を行っていたが、そのうち、NHK釧路放送局総合テレビ教育テレビ北海道放送(HBC)・北海道文化放送(UHB)が隣町となる標津町の川北にある妹羅山(しゅらやま)に移転。そのため、地上デジタル放送(地デジ)へ完全移行する2011年7月24日まで、NHK釧路放送局のFM放送札幌テレビ放送(STV)・北海道テレビ放送(HTB)の中継局が残っていた。なお、同日をもって地デジに完全移行したため、現在はNHK釧路放送局のFM放送だけが残っている。詳細については、中標津中継局を参照。

展望台からの眺め[編集]

東から西
西から東

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 小川・栗栖・田宮 2016.
  2. ^ a b 地名”. 中標津町郷土館. 2018年6月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 小川秀夫、栗栖国安、田宮徹『ニッポン絶景ロード100』中村純一編、枻出版社〈エイムック〉、2016年4月10日、14-15頁。ISBN 978-4-7779-3980-0。

関連項目[編集]

  • 展望台 - 日本各地の展望台の一覧

座標: 北緯43度36分47秒 東経144度52分14秒 / 北緯43.61306度 東経144.87056度 / 43.61306; 144.87056