間宮鉄二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

間宮 鉄二郎(まみや てつじろう、天保2年(1831年) - 明治24年(1891年))は、幕末の幕臣(新規旗本)。孝順。間宮林蔵の跡目を相続した。

浅草蔵前の札差青柳家の次男として生まれる。天保15年(1845年)3月、林蔵の跡を相続し、間宮孝順と名乗り普請役に任ぜられた。安政2年樺太を巡察し、文久元年(1861年)箱館奉行支配調役、慶応3年には広敷番頭となった。維新の後には明治新政府に出仕した。

参考文献[編集]

  • 『間宮林蔵』(吉川弘文館、1986年、人物 叢書新装版)
  • 『全国版幕末維新人物事典』(学研 歴史群像編集部 編集)