間部詮央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
 
間部詮央
時代 江戸時代中期
生誕 1738年12月12日元文3年11月2日
死没 1771年7月11日明和8年5月29日
別名 多門(通称
官位 従五位下・主膳正
鯖江藩
氏族 間部氏
父母 父:間部詮方、母:純成院(有馬一準の娘)
兄弟 詮央詮茂佐久間信邦方元、田中方親、阿部正包、他。
正室:浄鏡院朽木玄綱の娘)
養子:詮茂
喜久(織田秀綿室)

間部 詮央(まなべ あきなか)は、越前鯖江藩の第3代藩主。間部家4代。第2代藩主・間部詮方の次男。母は有馬一準の娘。正室は朽木玄綱の娘・浄鏡院。通称は多門。

元文3年(1738年)、江戸に生まれる。長兄が早くに亡くなっていたため、嫡子となる。宝暦5年(1755年)12月25日、将軍徳川家重に御お目見する。同年12月28日、従五位下・主膳正に叙任する。宝暦11年(1761年)12月6日、詮方の隠居により家督を相続した。宝暦13年(1763年)6月22日、初めてお国入りする許可を得る。

江戸上屋敷の火事や婚礼における経費、凶作などの不幸が重なって財政は火の車となり、詮央は厳しい倹約令を出して財政改革に取り組もうとしたが、その矢先に死去した。享年34(満32歳没)。嗣子が無かったため、弟の詮茂が継いだ。

参考文献[編集]

  • 間部家文書刊行会編『間部家文書』第三巻 鯖江市、1984年