閔升鎬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
閔升鎬
各種表記
ハングル 민승호
漢字 閔升鎬
発音: ミン・スンホ
日本語読み: びんしょうこう
ローマ字 Min Sung-Ho
テンプレートを表示

閔升鎬(びん しょうこう、ミン・スンホ、1830年 - 1874年11月)は、李氏朝鮮の第26代王・高宗李㷩の妃閔妃の義兄。興宣大院君の府大夫人閔氏の弟。父は府大夫人閔氏の父、閔致久であるが、閔致禄に養子となり閔妃の義兄となった。

本貫驪興閔氏は復卿、は忠正。

閔妃が王妃となってからは高官にのぼりつめ、閔氏一族による勢道政治の中心となったが、大院君派からと噂される爆弾で死亡した。

略歴[編集]

  • 1830年 閔致久の子として出生
  • 閔致禄の養子となり、閔妃の義兄となる
  • 1864年 増広武科に合格
  • 1866年 閔妃 王妃となる。 吏曹参議を経て戸曹参判につく
  • 1872年 刑曹判書につく
  • 1873年 兵曹判書につく
  • 1874年 爆弾にて死亡 犯人として大院君の元兵使、申哲均が逮捕され拷問の末、自白→処刑

関連項目[編集]

脚注[編集]


外部リンクと参考文献[編集]